2014年11月29日

コントローラーの設定


みなさんはiPhone、iPad、iPodのどれでプレイしていますか?
私はiPhoneでプレイしています。画面が大きいほうが何かと操作しやすそうなので、iPadはうらやましいですね。寝っ転がってポチポチやる分にはiPhoneのほうが気楽にできそうですし、そのあたりは一長一短かもしれませんが。

さて、今回はコントローラーに関するお話です。
私は男のわりに手があまり大きくありません。その私でもiPhoneの初期設定のままだと操縦アイコン(十字キー)があまりしっくりこないサイズです。アイコンが小さくて微妙な指の動きに反応してしまったり、逆に進行方向を入力しているつもりがアイコンからとびだして停止したりします(´Д⊂

昔、お相撲さんが指が太すぎてゲームボーイができないという話を聞いたことがあります。AボタンだけとかBボタンだけを押すのができないそうです。そこまで大げさな話ではありませんが、BlitzをiPhoneやiPodでプレイしている方は少なからずアイコンの大きさに苦慮した経験があると思います。


実はこのコントローラーのアイコンは大きさと位置が変更できます(=゚ω゚)ノ
特に中戦車のように動き回る車両を使っている場合は、自分の指の太さや操作にあう大きさと位置を設定しておくことをオススメします。メニューの「設定」から「コントロール」タブを開くと↓のような画面になります。

コントローラー.jpg



ここから該当のアイコンを移動させたり、大きさの変更ができます。小さすぎると、進んでいるつもりが急に停止したり、思わぬ方向に進んでしまったりします。逆に大きすぎると指の移動幅が大きくなって、機敏な操作ができません。

急に大きさや位置を変更すると、間隔が変わってしまって数戦は操作しづらく感じるかもしれません。ただ、やはり自分の体にあったサイズにしておくと慣れたときの扱いやすさが全然違ってきますので、みなさんも試してみてください。もし変更が気にいらなくても、デフォルトにすぐ戻すこともできます。


それから、「設定」の「一般」タブからいくつかアイコンを追加することもできます。
「第2射撃ボタン」「見回しエリア」「自動照準」の3つが追加している人が多い機能だと思います。1つずつ紹介していきます。

「第2射撃ボタン」は単純に「射撃ボタン」がひとつ増えます。通常は画面右側にありますが、左手でもタップできるように操作アイコン(十字キー)の上あたりに置いておくのも手です。画面の大きいiPadでプレイしている方は導入しやすいですが、iPhoneだと画面が見づらくなる恐れがあります。それもあって、今のところ私は導入していません。

「見回しエリア」は砲塔を回転させずに周囲の状況を確認できる機能です。特に駆逐戦車を使っていると、車体まで動いてしまうので重宝するアイコンだと思います。また、砲塔旋回の遅い重戦車にのるのなら追加して損のない機能でしょう。

「自動照準」はオートエイム機能との兼ね合いで追加されるアイコンです。オートエイム機能は照準を合わせた相手を自動的に追尾してくれる機能です。ただ、この機能にも難点があります。小さな隙間から見える相手を狙う場合、相手の動きに合わせて照準も動いてしまいます。結果、障害物の隙間を狙うのが難しいです。また、敵車両が複数重なっている場合、狙っていた敵とは別の敵に照準がひっぱられたりします。
オートエイムは通常ONで問題ないのですが、OFFのほうが狙いやすいことがたまにあります。「自動照準」をONにするか「OFF」にするかは、「設定」の「一般」から決められます。また、戦闘中にON・OFFを切り替えることも可能で、それを指定すると↑画像の左中央「A」のアイコンが追加される仕組みです。通常・スナイパーモードそれぞれでONとOFFを戦闘中に切り替えることができます。


今回は、コントローラーの設定について紹介しました。
細かなことですが、自分の指のサイズや操作方法にあったアイコン配置にするのは重要なことです。私はこれで操作ミスがだいぶ減りました。操作ミスは自分のせいなのもありますが、コントローラーの大きさ・位置が自分にあっていないときにも起こります。まだ調整していない方は、ぜひお試しあれ(=゚ω゚)ノ
ラベル:設定
posted by ゾリ at 09:00| Comment(0) | WoT BLITZ入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月27日

ver1.5のアップデート情報まとめ


公式ニュースで連絡があった通り、近々バージョン1.5へのアップデートがあります。詳しい日取りは決まっていませんが、これまでの傾向を考えるとそう遠くはないと思います。アジアではどうかわかりませんが、英語版では11月21日付けで「(EU地域での)アップデートが12月に決まりました」とあります。また、ロシア語版では「12月初旬の1.5アップデート」と11月26日付け?で記載があります。これまでアップデートが地域別になったことはありませんでしたし、日本も同じタイミングだと思います(´ε`;)

さて、1.5から追加されるシステムや車両も多く、このへんで情報をまとめておきたいと思います。日本語の公式ニュースはどうしても情報量が少なくなりがちなので、英語版・ロシア語版のニュースにも目を向けています。


[1.5アップデート情報まとめ]

■イギリスツリー追加
ソ連・ドイツ・アメリカの3ヶ国にイギリスが新しく追加されます。重戦車の新ルートが追加されてさほど日もたっていないので、もう少し先かなぁと思っていました。びっくりです。ただ、他の国のように駆逐・中戦車・重戦車とひと通りの車両が追加されるわけではありません。とりあえず今回追加されるのは「中戦車ルート」のみのようです。本家Wikiを参照してもらえば早いですが、「FV4202」のルートです。

Medium I
Cruiser III
Cruiser IV
Covenanter
Crusader
Cromwell
Comet
Centurion I
Centurion 7/1
FV4202


■新マップ「冬のマリノフカ」の追加
マップ別の立ち回りについては最近サボり気味です。気長に書いていこうかなぁと思っていたら、なんと新マップの追加決定しました。記事書くのが追いつかないゾ:(;゙゚'ω゚'):
新マップの名前は「冬のマリノフカ」です。本家WoTにもあるそうなので、そのミニチュア版だと思われます。雪のマップは「廃線」に続いて2つめです。面白い戦いになるマップだといいですね。

winter_malinovka_001_684x.jpg



■搭乗員スキルの実装
上の2つのアップデートは新要素という感じで、今までのゲーム性を大きく変えることはないでしょう。ゲーム性を変える可能性があるとすれば、この「搭乗員スキル」です。詳細な内容はまだわかりませんが、車両の訓練が100%を超えたあとに「スキル」を覚えさせることができるようになるようです。軽戦車〜重戦車、駆逐戦車など車両によって付加できるスキルが異なっていて、得意な立ち回りに最適化した車両を目指したり、車両の個性をもっと尖らせたり、夢が広がりますね。
また、搭乗員スキルは本家のほうに実装されているシステムですが、それをどういう感じでBlitzに移植するのか気になります。私のフレンドさんも危惧されている方がいましたが、複雑なシステムになりすぎない程度が良いかなぁと思います。複雑なシステムはそれはそれでやりこみようが増えていいかもしれません。ただ、シンプルな楽しさは案外ユーザーを飽きさせませんし、新規ユーザーもとっつきやすくなります。そのへんのバランスがうまくとれていれば嬉しいなぁ。まあ、ここの運営さんはゲームバランスに対する注力はなかなかのもので、もし何かあってもうまくやってくれるという気はします。

とりあえず、今回のアップデートでは18種類のスキルが用意されているようです。ロシア語ニュースで詳しく取り上げられています。

スキルの詳細
英語に翻訳してもよく意味がわからないところがあって諦めました(;´∀`)車両の性能(移動速度・旋回速度・射撃精度・照準速度・リロード時間etc...)がいくぶんか上昇するものが多いです。
ちなみに、スキルにはレベルが5段階あって?、食べ物系消費アイテムの影響は受けないそうです。

搭乗員スキルの習得
細かなところはよくわかりませんが、経験値でスキルの習得・レベルをあげていく仕組みのようです。4つのスキルをセットして、該当の車両でプレイするとそのスキルに経験値が入る。該当のスキルが最大まで開発されていたら、その他のスキルに均等割りっぽい。必要な経験値は…。レベル5は修羅の道Σ(゚Д゚;)

レベル1 - 17000
レベル2 - 34000
レベル3 - 68000
レベル4 - 20万
レベル5 - 68万

一応、フリー経験値の投入もできるようです。フリー経験値1でスキル経験値を2上げられる感じか。

それから、今までのプレイが無駄にならないようにもなっている様子。アップデート後に初めてプレイすると、貯めた経験値が表示されてそれを割り振れる。割り振らないとゲームに進めないとしたら、相当悩みそうですね(;´д`) 少し情報を集めてから取り組むのがいいかも?!


■Android版リリース
最後になりましたが、Android版を心待ちにしていた方には朗報です(=゚ω゚)ノ

blitz_android_c_800x391.png



バージョン1.5へのアップデートと同時に、Android版のリリースが決まりました。以前の記事で掲載していましたが、対応している機種はAndroid端末の一覧で確認できます。ユーザーが増えるのは私も大歓迎です。本家で鍛えたベテラン兵も、新しく入隊した初年兵も楽しくやっていければいいなぁと思います。

なお、Android版のリリースで新規プレイヤーが一気に増えることが予想されます。低Tier帯はゲームシステムを理解していない、発展途上のプレイヤーの割合が増えるでしょう。今のうちに育てようと思っているルートの低Tier部分を終わらせておくのも手かなと思います。



今回は大型のアップデートになるバージョン1.5の情報についてまとめました。
追加要素が多いので頭がこんがらがりそうですが、イギリスツリー追加、新マップ追加、搭乗員スキル実装、Android版リリースの4つが柱になっています。12月初旬ということなので、心の準備をしておきましょう(=゚ω゚)ノ
posted by ゾリ at 23:00| Comment(0) | アップデート情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月25日

実況動画シリーズex2(Pz.W番外編)


最近、オススメ車両にTier5のKV-1の話題をあげました。KV-1は機動性がない分、初心者でも比較的あつかいやすいです。Tier5は本当に良い戦車が揃っている印象で、他にもM4 Shermanも良い結果を残しやすいと思います。M4は中戦車の扱いに慣れていないと難しいかもしれませんが、Tier5の双璧をなすのがKV-1とM4は間違いありません。ですが、最近ドイツの新しい重戦車ルート「マウスルート」を開発していて、「Pz.W」いわゆる4号戦車を使いました。課金弾を使う必要はありますが、Pz.WはKV-1やM4と並ぶ、いやむしろその2つの上にいく強戦車かもしれません。

PzIV_preview.png



Pz.Wはやや加速にもの足りなさを感じますが、小回りのきく車体でスピードにのってしまえば他の中戦車に引けをとることはありません。また、砲塔の旋回速度が良好でドイツの中戦車らしからぬ性能です。さらに、装甲も前面80mmとこのTier帯の平均的な硬さは維持しています。

とはいえ、Pz.WをTier5最強と私が呼びたいのは課金弾を組み合わせたときの異常な火力です。最終砲の10.5cm砲はHE弾での運用が基本です。貫通力は40-60mmとさすがに控えめですが、307-512のダメージを与える強力な砲です。ただ、同格や格上に対してはなかなか貫通させることはできません。ところが、課金弾のHEAT弾は貫通が78-130mmに上がります。ダメージこそ247-412に下がってしまいますが、平均貫通力が100mmオーバーは強力です。

pz.IV弾性能.jpg



同格のKV-1や格上重戦車に正面から戦いを挑んでもそうそうダメージを与えられませんが、側面や背面に回り込めば大丈夫です。重装甲が持ち味のTier7「KV-3」相手でも背面からならちゃんとダメージが与えられます。リロード時間も威力のわりに短めなので、ストレスがたまることはないでしょう。

課金弾は通常弾に比べて性能が高めですし、他の戦車でも課金弾を使えば戦績の向上につながります。ですが、Pz.Wほど課金弾の恩恵にあずかれる戦車は多くありません。課金弾を使わずにHE弾運用をするならPz.Wはそこそこの戦車でしかありませんが、HEAT弾運用をするとTierトップの車両に生まれ変わります。

私の場合、KV-1やM4の平均与ダメージが1000を少しこえるぐらいのなか、Pz.Wは1300をこえています。さすがに1400を維持するのは難しそうですが、1300以上はおそらく維持できると思います。平均撃破数と発見数も2をこえていて、他のTier5戦車の追随を許さぬ戦績です。プレミアムアカウントなら、全て課金弾を使ってもトータルでトントンぐらいの収支にはなりますし、通常アカウントでも課金弾を少々使うぐらいなら赤字にはなりません。ぜひお試しあれ(*´∀`*)



というわけで今回、Pz.Wの実況動画を作成しました。
普段は私がコマンダーとして戦車にのりこんでいますが、Pz.Wの素晴らしさを知ってもらうにあたってスペシャルゲストをお呼びしました。ゲストの方々に戦車を動かしていただいて、私は実況役という感じでしょうか。どうぞご覧ください(=゚ω゚)ノ


WoT Blitzで踊るex2 Pz.W(Tier5 独 MT)番外編
ラベル:実況動画 Pz.W
posted by ゾリ at 23:30| Comment(2) | 実況動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。