2014年12月14日

カッパーフィールドの戦術マップ


カッパーフィールドの戦術マップを紹介します。
カッパーフィールドは比較的セオリー通りの戦いが多いので、それほどバリエーションは多くないです。正面の敵と対岸の敵の両方に気を配りながらのプレイが勝利への鍵です。

カッパー.JPG



カッパーフィールドは南と北の丘(高台)に分かれるのが基本的な陣形になります(下図)。より重要なのは南側の丘だと思います。戦力の分け方としては、南に5両もしくは4両、北に2両もしくは3両というのが一般的です。北に4両以上向かうのもなくはありません。自軍が中戦車主体で、敵軍が重戦車主体であればそういう展開になることもあります。そうした場合は、南は時間稼ぎ、北は速攻で一気にたたみかけるということになります。

カッパー1.jpg



カッパーフィールで2つに分かれるのは、「対岸から味方を撃たせないこと」「対岸の敵を撃つこと」の2つの理由があります。もし一方向に全員が向かうと次の図のように包囲されてしまいます。

カッパー3.jpg



北側の丘は上段と下段のある南側ほど広くありませんし、全員で向かったところで効率よく集中砲火を浴びせることは難しいでしょう。また、渋滞がおこると対岸から容赦ない砲撃がまっていますので、かなり危険です。

同様に南側の丘に全員が進んでも同じような状況に陥りがちです。ただ、北側よりはいくぶんか可能性があります。

カッパー2.jpg



北側の丘の配置には時間がかかりますし、相手が態勢を整える前に南側の丘の上段を攻めるという作戦です。北側から敵が遠回りに包囲しようとしてくる前に、正面の敵を叩きます。ランダムマッチでは足並みが揃わないため難しいですが、うまくいけば一気に撃破数で優位に立てるでしょう。同じ方向に全員が行くとしたら、北側よりも南側のほうが可能性があります。ちゃんと連携できるならば、南側丘への速攻は有力な作戦です。



カッパーフィールドは基本的にスタートで2手に分かれればOKです。ただ、たまに自分だけ楽をしようと後方に待機する人がでてきます。そうすると下図の緑側のような布陣になるでしょう。みなさんもカッパーフィールドを戦っていて出会ったことがあると思います。

カッパー4.jpg



南北の丘の中間地点に1両ぐらいは後方待機してても文句は言いませんが、2両も3両もいりません。このあたりのポジションは相手が押し込んできて(=前線が維持できなくなって)、はじめて射線が通る位置取りです。前線が崩れて初めて役に立つというのは本末転倒です。また、敵に撃たれるのを怖がって後ろに隠れている人はあまりプレイヤースキルも高くありません。ですので、こうした布陣は輪をかけて勝率が低くなります。


以上、カッパーフィールドの戦術マップを紹介しました。ルートやチームの作戦という意味では選択肢はさほど多くありません。対岸からの撃たれない位置取りの把握、ハルダウン・飛び出し撃ちなど個々のプレイヤーの技術、経験がものを言うことが多い気がします。

みなさんの勝利に貢献できる内容になっていれば幸いです(=゚ω゚)ノ
posted by ゾリ at 20:00| Comment(2) | マップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロックフィールドの戦術マップ


以前に「戦い方シリーズ」ということで各マップの基本的な戦い方を紹介していました。
少し以前の内容なので情報が古いところ、考え方が変わったところ、それから言葉で表現しているので伝わりづらいなどいろいろと問題がありました。加筆・修正をして書きなおそうと思っていたのですが、せっかく書いたものを消すのはもったいないですし、新しく「戦術マップシリーズ」なるものをはじめようと思います。戦い方シリーズでは紹介していなかった新規マップについても扱いますので、ご参考までに!

※中・重戦車はtankG.jpgtankR.jpgを使ってあらわしています。駆逐戦車はanti-tankG.jpganti-tankR.jpgです。両軍とも中・重戦車5両に駆逐戦車2両という編成を仮定しています。編成によって細部はかわると思いますが、大まかにはこんな感じかなぁと思います。なお、戦略マップであらわしている車両の位置はおおよそのものです。正確な位置というよりもどこにどう戦力を割くかというイメージで配置しているので注意してください。



第1回の今回は、ロックフィールドです。

ロック.JPG



初期からあるマップですので、多くの方にとってはおなじみのマップだと思います。比較的狭く高低差もあり、重戦車や俯角のとれる車両が活躍しやすいマップです。

基本的な布陣を示すと以下のようになるでしょう。

ロック1.jpg



両軍とも丘上が主体となり、丘の下は相手への牽制役が数両まわる程度です。丘上は凹凸を利用したり、3つの壁を使って撃ちあうのがよくあるパターンです。この布陣で言えば、両軍とも優劣はありませんので、このあとのねじりあいで相手の戦力を削っていけたほうが勝ちとなります。

普通に考えると、3つある壁のなかで中央の壁をとりたいと思うかもしれません。相手を押し込めますからね。ただ、これは注意が必要です。下の図をみてください。

ロック2.jpg



先ほどの図と何が違うかというと、赤側が中央の壁にまで前線を押し上げています。普通に考えると押しこんで有利な展開に見えますが、実際はそうでもありません。中央の壁付近にいる赤の部隊はやや突出しすぎて、丘の上側はもちろん下側からも射線が通る場所にいます。スポットをとる役目ならいざ知らず、これではなかなか身動きがとれません。中央の壁付近を制圧したつもりが、集中砲火をあびて撃破されるシーンを私自身何度も見てきました。戦略図を見ても、赤側の前線が緑側に包囲されているのがわかってもらえると思います。上手い人が多い場合、丘上は本当に膠着しがちです。

では、丘下に戦力を割かずに丘上に戦力を集中して一気に攻めるというのはどうでしょうか?
これはハイリスク・ハイリターンな戦い方ですが、重戦車の数で勝っている場合には有力かもしれません。

ロック3.jpg



丘上の前線が押しこまれると、丘下のルートから横に回ったりで対応するのが普通です。上の戦術マップで言えば、赤が丘上を押しこんでいる側で、緑がそれへ対応しています。赤側はそのまま丘上を一気に攻め込めれば必勝です。逆に一気に攻め込めないと包囲されてしまい、前線に立つ車両から順番に撃破されてしまいます。全員同じ考えで攻め込めれば良い作戦かもしれませんが、足並みが揃わないと逆に不利に陥ってしまいます。そういう意味でハイリスク・ハイリターンです。


腕に差があったり、車両性能で優位にたっていれば丘上もガンガンいって構わないと思います。ただ、戦力が拮抗している場合は自分たちから動きづらいのが丘上です。膠着状態になると次に丘下がポイントになります。

ロック5.jpg



丘上が膠着状態になると丘下を担当している中・重戦車が前進して、後方の駆逐戦車をスポットしたり、丘上の牽制をするのが一般的です。図で言えば、緑側が丘下を押し込んでいます。ある程度リスクはありますが、膠着状態を崩すとしたらここかなぁと感じます。丘下がある程度相手を押し込められれば、後方から火力支援をしていた駆逐戦車やその他の車両の働きが悪くなりますから、丘上の車両も前に出やすくなります。また、丘下の車両を1つ撃破できれば、下の図のように丘上の敵を包囲するかっこうになります。

ロック6.jpg



この場合、丘下が無茶をするのは禁物で、丘上は機を見て前線を押し上げるのが大事です。赤側は2方向からの攻めへの対処が難しいので、緑側はかなり優勢です。

では、最初から全員が丘上を放棄して丘下にいけば良いかというと、そうではありません。下の図をみてもわかるように、丘上が制圧されると非常に戦いづらくなってしまいます。

ロック4.jpg



こうなっては緑側の劣勢は明らかです。こんなことはあまり起こらないと思いますが、スタート地点付近で中・重戦車がスナイパーごっこをした場合に陥りがちな展開です。赤側は高所を利用してハルダウンしながら戦えますし、少し後ろに進むだけで相手の射線から逃げられます。逆に緑側は横に動いて弱点を晒さないと赤側を撃つのは難しいです。ロックフィールドで丘上を放棄するのが危険だということがわかると思います。


以上、ロックフィールドのポイントについて戦術マップを使って紹介しました。私はこれまで7000戦していますので、それをまとめるかっこうになっています。丘上が引き目に守り、丘下に人数をやや多めにかけるといった細かなバリエーションはあるでしょうが、よくあるパターンとしては上記のような感じです。中Tier(Tier4〜)以上はこのセオリー的な展開になりやすいですが、低Tierにセオリーはありませんので、これに縛られずに動いたほうが良いかもしれません。

みなさんの勝利に貢献できる内容になっていれば幸いです(=゚ω゚)ノ
posted by ゾリ at 10:00| Comment(0) | マップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月09日

実況動画シリーズ10(T20編)


実況動画を作成し始めておよそ2ヶ月が経ちました。
以前にとった動画を今見ると、「なんでこのときこうしなかったんだろう」「もっとこう動いたほうが絶対良かったなぁ」「不用意に顔をだしすぎだ」なんて思います。あとで動画を見返すと情報の見落としや状況判断の下手さに気付くこともありますが、以前の動画と比べて今はずいぶんマシになったと思います。少しずつですが、上手くなっていることを実感します。

さてさて、今回はアメリカのTier7中戦車「T20」の実況動画を紹介します。ここのところ重戦車や駆逐戦車が続いたので、久しぶりの中戦車の実況・解説です。

T20_preview.png



各国のTier7中戦車を比較すると(イギリス以外)、初心者でも比較的扱いやすいのがソ連のT-43でしょう。他のプレイヤーさんの戦績を見ても、T-43の勝率は他の車両に比べて高めです。逆に、扱いが難しいのがドイツのPantherです。エンジンを最後まで開発すればなかなかの車両になりますが、他国の中戦車とは使用感がだいぶ違うので、独特の取り回し技術が必要になります。

T20は、T-43と同じで扱いやすい中戦車です。ただ、T-43ほど機動力はありませんし、動いていたら不思議と跳弾する装甲もありません。T-43は何かと無茶がきく車両ですが、T20は長所と短所を意識してもう少し丁寧に扱う必要がありそうです。


では、T20の長所はズバリ、「俯角」と「視認範囲」です。高火力や重装甲のようなわかりやすい長所ではありませんが、これがめちゃくちゃ扱いやすいところでもあります。

「俯角」がしっかりとれる車両は地の利をいかしやすいと言えます。俯角のとれない車両だとハルダウンできないポイントから相手を狙撃することができます。また、相手が撃ちづらい位置に構えられれば、有利に撃ちあいを進められます。重戦車は重装甲で自分を守っていますが、中戦車は機動力や地の利でダメージを減らしていけば良いわけです。

「視認範囲」は普段あまり実感がわかない項目です。私は拡張パーツに「双眼鏡」「レンズ皮膜」をつけて長所を伸ばすようにしています。他のパーツと比較してというわけではありませんが、今のところなかなかの結果です。スタート地点から動いてくれないようなチームメイトにはみなさん困っていると思います。そういうプレイヤーをうまく使うのもプレイヤースキルだとすれば、敵をスポットしやすくなる「視認範囲」は強い味方です。

ここまで説明してきたように、T20の強みは少しわかりづらいと思います。ですが、実際に扱ってみるとバランスの良い性能に驚きます。私はソ連の中戦車ルートを先に進めてからT20を育て始めました。俯角のとれないソ連中戦車と比べて、砲をあちらこちらに向けられるのは快感です。マップをひと通り覚えて、中戦車の経験をある程度積んでいる方はきっと同じように感じると思います。


紹介が長くなってしまいましたが、以下がT20の実況動画です。
その3はブラックゴールドヴィルで私が使っているルートを紹介しています。また、その4は接戦の勝負となったのでオススメです。ぜひご覧ください(=゚ω゚)ノ



1戦目



2戦目



3戦目



4戦目

タグ:実況動画 T20
posted by ゾリ at 21:00| Comment(3) | 実況動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。