2014年08月12日

陣地の占領について


現在のBLITZの戦闘システムは、7対7のランダムマッチです。
勝敗は、チームの全滅と陣地の占領の2つのパターンがあります。ほとんどの勝負はチームの全滅で決まりますが、相手が隠れていて残り時間が少ない場合や、格下だけれど足の速い戦車が相手の場合は占領で勝負をつけることもあります(逃げられてしまうので)。また、陣地を占領することで無理をせず引いて守る相手に動きを強要させることもできます。

今回は陣地の占領と防衛についてまとめたいと思います。


陣地の白い線の範囲に車両が入ると占領ポイントがつきます。この占領ポイントが100になると占領勝ちとなります。このポイントはマップと陣地の車両数によって貯まるスピードが異なります。陣地を占領するのに必要な時間は以下の通りです(車両数4以上はあまり現実的ではないので割愛)。全部覚えるのは大変ですので、カッパーフィールドとフォールズクリークの秒数を覚えておいて、さらにその2つがいちばん時間がかかることを把握しておけばいろいろと対処できそうです。


■占領に必要な秒数(左から、1台時、2台時、3台時)
 75 60 52
   対象マップ:ロックフィールド、鉱山、砂漠の砂

 85 67 59
   対象マップ:ミデルブルフ、ディスペア砦、廃線

 100 79 69
   対象マップ:カッパーフィールド、フォールズクリーク

※ver1.2.0で追加された「オアシスの椰子」については不明


敵と味方、双方の車両が陣地に入っていると占領ポイントはカウントされません。また、陣地から出たり、占領している車両が攻撃を受けて、ダメージをおってしまうと占領ポイントはリセットされます。砲撃でのダメージ以外にも体当たりのダメージでもリセットです。もしHPへの影響がなかったとしても、履帯を切られるなどモジュールに損害が出るとリセットになってしまいます。陣地の占領をしている場合は、リセットされないような位置どりも求められます。

格上の重戦車が占領している場合、なかなか貫通できずダメージが与えられないこともあります。貫通ダメージが与えられればいちばん良いのですが、跳弾の可能性が高いなら履帯を狙うというのも手です。また、通常のAP弾(徹甲弾)は貫通しないとダメージが与えられません。万全を期すなら、貫通しなくてもダメージが与えられるHE弾(榴弾)のほうが良いでしょう。HE弾(榴弾)のほうが履帯も切りやすいです。占領ポイントギリギリかつ単独で防衛に向かう場合は移動中にHE弾へ切り替えておくと万が一が減ると思います。


残り時間が2分だったとします。3両残っていれば、全員が陣地に入ればすべてのマップでかなり安全に占領勝ちが目指せます(陣地に向かう時間を含む)。2両の場合はギリギリですが、大半のマップで占領勝ちも狙えます。ただ、その場合は時間ぎりぎりに防衛に来る相手に注意しなければいけません。もし、残り1分ちょっとで2両未満しか残っていないなら、占領勝ちはなくなります。敵を倒して全滅勝ちか倒せずに引き分けのどちらかです。

残り時間との兼ね合いで占領勝ちか全滅勝ちかの判断をしないといけません。その判断を見誤り、格上戦車が格下戦車を追いまわして結局引き分けなんてこともあります。逆に自分が劣勢であれば、残り時間を考えて引き分け狙いも視野に入れるべきです。移動にも時間がかかるので、足の遅い戦車でも遠くに隠れていれば1分程度は粘れます。


今回は陣地の占領について紹介しました。低Tier帯ではHPも低いですし、ガンガン攻める人も多く、あまり占領勝ちはありません。中Tier以上になると、HPもそこそこあってジリジリとした戦いになることも少なくありません。残り時間と形勢によって陣地の占領にいくべきか否かを考えましょう。

よく開幕と同時に「陣地を占領せよ」のチャットを連呼して、占領に向かう人がいます。マップにもよりますが、私の経験上こういう作戦はまずうまくいきません。陣地は射線が通りやすく、たいてい守りづらい位置にあります。一発でももらうと結局それまでの占領ポイントは無駄になってしまうわけですから、陣地を守りきるのは並大抵ではありません。開幕からいきなり不利な位置取りに向かうのは当然得策ではありませんし、もしそれで占領勝ちできるなら普通に戦ってもきっと勝てることでしょう。陣地の占領は引いて守っている相手に動きを強要するとき、時間的に全滅勝ちよりも占領勝ちのほうが確実な場合だけにしておきましょう。
posted by ゾリ at 15:00| Comment(1) | WoT BLITZ入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
開幕占領チャットは「陣地方面に行くよ」という意味で打つ人もいますね。
Posted by at 2015年12月25日 18:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。