2014年08月14日

ディスペア砦の戦い方


今回は「ディスペア砦」の戦い方を紹介します。

ディスペア砦背景.jpg

ディスペア砦マップ.jpg



ディスペア砦は、マップの多くを占める中央円状の遺跡(?)とその周囲からなるマップです。高低差はあまりなく、障害物がやや多めになっています。マップ自体も狭いので、定番のパターンで勝負が決まるというよりも、乱戦になりやすい印象です。その分、個々の車両の戦況判断や位置取りが鍵を握ると思います。

ディスペア砦ミニマップ.jpg



■よくあるパターン

<その1>
両軍が砦側と周囲の2方向に分かれぶつかるパターン。ともに障害物が利用できるので、すぐには勝負が決まらない。先に勝負が決まった側が援軍に周り、陣地付近での戦いとなる。走り回れるスペースが少なく、潜む場所も多いため、連射速度よりも一発の火力がある車両が活躍しがち。

<その2>
砦に一切向かわずに、周囲を固める戦術もある。相手が2方向に分かれていた場合はマップ左上あたりで、ぶつかる。砦方向に回った車両が砦を抜けて、側面や後ろから援軍にかけつける場合が多いので、注意が必要。相手の砦周囲側の戦力をすべて殲滅できたら、砦側の車両との戦いとなる。その際、周囲側は位置が知られているが、砦側の位置はわかっていないことが多い。周囲に回った車両は、不用意に砦に突っ込むと包囲される危険がある。
なお、両軍ともに砦を無視して周囲側に進むこともある。このパターンは狙撃に向いた場所が多いので、マップ左下スタート側が有利に感じる。相手を先にスポットできるとかなり有利になるため、事後的に数両が砦に回って側面をとるような動きをすることが多い。あとは、ねじり合いか。

<その3>
逆に、周囲には一切戦力を割かずに、すべての車両が砦側にまわる場合もある。障害物の多い砦は、一度に攻撃できる車両が限られるので、正面からのぶつかり合いではあまり数的有利をいかしづらい。砦の右下あたりでぶつかることが多く、側面にまわる車両の働きで勝負が決まる。ただし、相手が2方向に戦力をわけていると、側面をとったつもりが包囲されていたなんてことも起こるので、注意しなくてはならない。


このマップは、2方向に戦力が分けるパターンも、砦側あるいは周囲側にすべての車両が向かうパターンもどれもありえます。とくに戦術的な優劣はないので、チームの車種によって使い分けるとよいでしょう。重戦車が多ければ砦側、中戦車・駆逐戦車が多ければ周囲側に重心をおくと戦いやすいかもしれません。

なお、このマップはガンガン自分たちのほうから攻めるよりも待ち伏せが効果的だと感じます。両軍スタート位置の中間をこえたあたりの場所はひらけていて、どこも待ち伏せに向いています。相手の車両に対して、一斉射撃を加えやすいです。ただ、全員が待ち伏せに回ると、側面や裏をとられたときに脆さがでてしまうかもしれません。引いて守りつつも数両は離れた位置から敵を牽制できるようにしておくと良いでしょう。

砦側も周囲側も前に出すぎても得はありません。力の差があればガンガン押し込んで勝てるでしょうが、力の差がないなら無闇につっこむよりも潜んでおくほうが無難です。相手が気付いた時には挟撃体制が築けているような進行が理想的なパターンと言えます。

他の多くのマップと同様、駆逐戦車はやや活躍の機会が少ないマップです。障害物の多い砦側はとびだし撃ちのできない点が不利ですし、周囲側も潜める場所が少なく後方からの火力支援がいきづらいです。強力な重戦車が無双するパターンが他よりも多いように感じます。
posted by ゾリ at 12:00| Comment(0) | マップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。