2014年08月27日

ハルダウンについて


このブログでも何回か使ってきましたが、「ハルダウン」について今回は紹介します。やっていることは非常に単純ですが、ハルダウンをうまく使うことで有利に撃ちあいを進めることができます。

ハルダウンとは、相手から砲塔だけを見えるようにすることです。車体は障害物(稜線や岩、建物、撃破された戦車など)で隠し、敵からは狙えない状態です。画像で示すと以下のようになります。

※画像はWoT Wiki「初心者ページ/戦車専用教習所」より
リンク先はもともと北米公式WikiのTacticsにあった内容の転載のようです。少し長いですが、戦車戦のツボがわかりやすく書いています。読み物としても非常に面白いので、時間があるときにぜひ読んでみてください。

PNVbn.png



画像の左側の戦車がハルダウンしている戦車です。相手から車体を隠して、砲塔だけをだしている状態です。では、これの何が得かというと、狙える場所を限定させている点です。左の戦車が右戦車を撃とうとすると、どこでも好きな場所が選べます。狙える範囲も広く、少々照準がズレていてもちゃんと直撃するでしょう。逆に、右の戦車が左戦車を撃とうとすると、砲塔部分だけに限られます。面積も狭いですし、照準をちゃんと絞らないとあたらない可能性もあります。

このハルダウンという技術、砲塔が特別堅い戦車が使ったらどうなるでしょうか?右側の戦車は撃ち抜こうと必死で撃ちますが、装甲厚がじゅうぶんな左戦車の砲塔は貫通できません。左の戦車は後ろに下がることなく悠々とリロードを待って、右戦車の弱点を狙えばいいわけです。難しい技術ではありませんが、撃ちあいの場面で有利不利がはっきりと分かれます。私が右側の戦車なら、さっさと引いて出直します。HE弾を使えば少々のダメージは与えられますが、あまりに分が悪いです。

ハルダウンは砲塔装甲の厚い重戦車だけが使える技術ではありません。中戦車には砲塔だけをだして、相手から向かって左右に動く技があります。左右に動けるスペースがあって、かつ車体をずっと隠せないといけないので使える場所は限られます。相手は左右に小刻みに動くこちらの砲塔を狙って撃ちますが、これがなかなか当てられません。砲塔の端にあたって跳弾ってことも非常に多いです。相手が撃ったのを確認したら、次はこちらの番です。そのときだけ静止して、ゆっくり照準を定めズドンといきましょう。


このハルダウンにも気をつけないといけないことがあります。砲の仰俯角がどの程度とれるかです。次の画像を見てください。
※先ほどと同様、WoTのWikiより

YYSWc.png



画像の上を見てください。ハルダウンは出来ていますが、こちらの砲が敵を狙えない状態です。もっと砲を下に傾けることができれば狙えますが、車両ごとに限界が決められているのでそうもいきません。車高の低い戦車は俯角がとれないので、こうした事態になりがちです。例えば、ソ連の中・重戦車は車高が低く俯角がとれない設計になっています(その分、隠蔽率が高いので性能のバランスはとれています)。一方、アメリカの重戦車は俯角の幅が大きいので、ハルダウンがしやすくなっています(逆に、隠蔽率が低く見つかりやすい)。俯角が足りないのであとちょっとだけと思って前にでると、隠していた車体部分が見えてしまって撃たれたりもします。十分に気をつけましょう。


今回は、「ハルダウン」という技術について紹介しました。慣れもありますが、さほど高度なプレイヤースキルはいりません。撃ちあいの際はぜひ使ってみてください。なお、マップのどこでハルダウンができるかを覚えておくことが大事です。その場所を確保できれば、きっと有利に戦いが進められるでしょう。
posted by ゾリ at 12:00| Comment(2) | WoT BLITZ入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんには、時々寄らせて頂いてます。もうすぐ100戦のヒヨッコです。
勝率低いのが悩みですが、MS1で、それなりに頑張ってます。
ですが、今日は頭に来ました。
物陰から敵の2号戦車をポコポコ打ってたら、味方のT1が後ろにへっ着いてきて、何をするのかとおもったら、こっちを撃つじゃないですか!何かの間違いだろうと2号戦車を撃ってたら、味方に撃破されてしまいました!!

ID検索したら100戦以上もこなしてる奴でした。
こnドアホめ!

すいません、つい興奮してしまいました。

更新楽しみにしてます。
Posted by ヒヨッコ at 2014年08月27日 10:29
ヒヨッコさん、こんにちは。
操作方法に慣れて、マップを覚えるところまでいけば勝率は自然と上がってくると思います。かく言う私も勝率が50%を超えたのは500戦を超えてからでしたし、苦労しました(;´Д`)

ヒヨッコさんのおっしゃるような体験が私もあります(;´A`)ランダムマッチングということで、足を引っ張る人が中にはいます。ついつい「くっそう」なんてつぶやいちゃいます。逆に、それぞれの車両が自分の役割をこなして、うまいこと連携ができるときもあります(本当に稀ですが)。もう一度同じチームでプレイしたいと思うぐらいです。そういうときは本当に楽しいし気持がいいですね。良いときもあれば悪いときもあるということで、気分を変えながらいきましょう(=゚ω゚)ノ

更新は不定期ですが、今後ともごひいきに!
Posted by ゾリ at 2014年08月27日 21:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。