2014年08月29日

ミデルブルフの要衝


各マップの基本的な立ち回りを紹介した「戦い方シリーズ」、それにプラスして「狙撃・ハルダウンシリーズ」をこれからまとめていきたいと思います。戦い方シリーズは大まかな立ち回りについてまとめていましたが、今回のシリーズでは狙撃とハルダウンに注目して具体的な位置取りを解説しようと思います。

第1回はミデルブルフです。
まずは下のマップをみてください。画像加工の技術がなくてあんまり見やすくできませんでしたご勘弁を(;´Д`)

ミデルブルフ狙撃ハルダウン.jpg



3色で色分けしているところがあります。
濃い紫で示しているところはハルダウンがしやすいところです。赤は見つかるリスクは高いものの、狙撃しやすい位置取りです。ピンクは射線があまり通らないわりに、そこで待つ車両が多いところをあらわしています。印象としては、赤は出来るスナイパーが潜んでいる可能性があって、ピンクはあまり立ち回りがうまくないプレイヤーがスナイパーの振りをして隠れている感じです。


個別に解説していきたいと思います。

まず、ミデルブルフはハルダウンができるところがさほど多くありません。右側の丘方面にいけば少しはありますが、回り込むのが難しくないため効果的かというとそうでもないです。下スタートの場合は、建物の右から2つめの通りが途切れるところがハルダウンにもっとも適しています。撃つタイミングで少し動かないといけませんが、砲塔の堅い戦車がいればこのポジションをおさえておくことをオススメします。
逆に、上スタートのときはハルダウンに適したところはないと言えます。いちおう先ほど紹介したハルダウン位置の反対側に紫色で囲んだところがありますが、実用性はかなり低いです。相手に押し込まれたりしない限りは使わないポジションです。


次に赤で示した狙撃位置についてです。
ミデルブルフは丘にのぼる駆逐戦車がわりといますが、丘に登ったところで効果的な射撃はなかなかできません。それを知っているうまい駆逐戦車の人は赤色の位置にまずはいきます。街側で両軍が衝突するとしたら、左側から1本目もしくは2本目の通りです。下側なら両方に対応できますし、上側なら2本目の通りに対応できます。
ただ、街側を重戦車が放棄した場合や前線に誰もいかない場合は危険です。前線あっての後方からの火力支援なので、前線ができたときにだけ有効です。なお、前線ができたとしても、見つかるリスクは高いです。上手に立ち回らないとすぐに撃破されてしまいます。みつかったと思ったらすぐに動いて、同じ所からではなく少し位置を変えてみたりといった工夫が必要になります。また、前線の重戦車・中戦車が相手を押し込んだときは、こわがらずに続きましょう。そのまま同じポジションでじっとしていてはいけません。効果的な射撃ができる反面、技術と経験が必要になる位置取りと言えます。


最後にピンク部分についてです。
ここに駆逐戦車や中戦車がいてもほとんどこわくありません。どうせほとんど射線は通りませんし、撃ってもなかなかあたらないことでしょう。なぜ、狙撃位置として人気があるかわかりませんが、ここで待つ車両は少なくありません。この場所を好むプレイヤーの多くは、街側が劣勢になってもまったく助けにいかないタイプです。言うならば、noobポジションと言っても良いかもしれません。あなたがスナイプをしたいなら、まずここには向かわないほうが良いでしょう。また、あなたが中戦車ならスポットが狙えるので、有効活用してください。


今回はミデルブルフのハルダウンと狙撃の位置取りについて紹介しました。あくまで、「ハルダウンしやすい」「狙撃がしやすい」場所です。前線が前にいけばこの位置取りにとらわれずに動く必要があります。戦況をみて柔軟に対応をしてください。
posted by ゾリ at 12:00| Comment(2) | WoT BLITZ入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうそう、この辺でT29がハルダウンしてるとほぼ要塞…手も足も出ないですよね。
自分もカンカン弾くのやってみたくてT29を目指したいんですが、、
Lee先生の苦行にチャレンジする勇気がありませんw
Posted by ボナパルト at 2014年08月29日 11:49
T29は面白いですよ〜。
前線でハルダウンで弾きまくれるので、重戦車のってる感じがめちゃくちゃします(笑)

M3Leeは確かにきつかったですが、実績を見てみると50%は維持できていました。
一番強い砲さえ研究できればなんとかなると思います\(^o^)/
それから、アップデートでTier3〜4のマッチングは±1までになったので、活躍の場が広がったかもしれません?!
Posted by ゾリ at 2014年08月29日 20:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。