2014年11月16日

データでみるwotb その1(個人レーティング)追記あり


[追記]
2014.11.16
説明の仕方が悪い、勘違いした部分があったので、部分的に加筆・修正をしました。
最新情報を見つけたため、内容を一部更新しました。



最近はいろいろと動画をアップロードして解説をしていましたが、少し視点を変えてみたいと思います。「データでみるwotbシリーズ」です。第1回の今回は「レーティング」について話をします(=゚ω゚)ノ


実績141115.jpg



BLITZは本家WoTの旧バージョンに手を加える形で開発しているようです。基本的なシステムはWoTと同じで、ところどころ最新のWoTで修正された部分が残っていると聞きます。おそらくレーティングシステムも本家と同じなので、本家の情報を頼りに解説したいと思います。


■個人レーティング(personal rating)
実績画面でいちばん目立つ位置にある「個人レーティング」、勝率とともに気にしている方も多いと思います。個人レーティングにもバージョンがあるようですが、本家のフォーラムでは以下のように説明されています。


新しいver8.8の個人レーティングは、6つの項目に基づいて評価されます。これはプレイヤーの戦闘効率を表す総合指標になっています。

■評価対象となる6項目
 ・平均経験値(プレアカ補正なし)
 ・平均与ダメージ
 ・戦闘数
 ・勝率
 ・勝利時の生還率
 ・命中率

公平な評価システムにするため、平均経験値はver8.8の導入後から新しく計算されます。8.8よりも前に得た経験値はレーティング算出時の対象になりません。

引用元(英語):http://ftr.wot-news.com/2013/09/10/new-8-8-personal-rating-system/


ここでは6つの項目が並列に書かれていますが、実際の計算式をみてみると戦闘数だけ扱いが違います。その他の5項目は係数が与えられて足されるのですが(ちょっと適当な説明^^;)、戦闘数はそれに対して最後にかけられる値になっています。式をみるに、戦闘数が増えれば増えるほど個人レーティング上昇に対する戦闘数の影響は小さくなります(「戦闘数の影響が小さくなる」=「戦闘数が増えても戦闘数補正の値が変わりづらくなる」)。


※ver8.8の情報で記述していましたが、ver8.9で数値が一部手直しされたようです。以下の内容も部分的に修正しました。ver8.9の計算式

では、どのくらい戦闘数をこなせばいいの?という疑問もあるでしょう。
戦闘数が増えれば増えるほど戦闘数の計算部分は限りなく1に近づいていく形です。そのため、(他の項目の値が一定なら)戦闘をこなせばこなすほど個人レーティングは上がっていきます。ただ、10,00020,000戦あたりからは実感できない程度しか上昇しません。高Tierの戦闘を繰り返すと平均与ダメージが上がりますし、開発スピードの違いも人によってあります。ですので、レーティングが安定する時期は人それぞれです。少なくともTier10の車両の開発が済んで、さらに10,00020,000戦以上の戦闘をこなした後にはなりそうです。

 戦闘数の計算部分(戦闘数による補正)ver8.9
   500戦 0.1
  3,000戦 0.5
  5,000戦 0.7
  9,000戦 0.9

 戦闘数の計算部分(戦闘数による補正)ver8.8
   5,000戦 0.46
  10,000戦 0.76
  20,000戦 0.90
  30,000戦 0.96
  40,000戦 0.995



ちなみに運営の算出する「個人レーティング」の評判はあまり良くありません。フォーラムでもけっこう文句が出ています。運営側は戦闘数を重ねることで数値化されない「経験」が能力として加味されていると言っていますが、ちょっと曖昧な指標ですね。そもそも経験値の計算方法がわからない以上、それを含んだレーティングにどんな意味があるかはプレイヤーにとって謎という感じがします。また、平均与ダメージは高Tierの戦闘を繰り返す人と中Tierの戦闘割合が高い人でかわってきますから、そのあたりにも問題を感じます。運営側のレーティングがうまく働くのは、Tier10まで車両を開発し、かつTier10の車両にしか乗らなくなるようなプレイを想定したときだけです。



以上、「個人レーティング」について簡単にまとめました。
実績画面で大きく表示されるため気にされている方もいるでしょうが、そこまで参考になる数値ではないというのが私の感想です。本家では個人レーティングに変わる指標として「WN」や「ER」といった別のレーティングがプレイヤーの手によって生まれています。プレイヤースキルを測る上で、こちらのほうが信用されているようです。自分の戦績を客観的に見るためにも、「WN」や「ER」についても別記事にてまとめたいと思います(=゚ω゚)ノ
posted by ゾリ at 00:00| Comment(2) | データを読む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごいっ!理数系ですねっ

レーティングにはプレイ数と高ティアでのプレイ数が重要とうかがい、なるほどなな感じです。

運営側はまずは「たくさん遊んでほしい」わけだし高ティアは課金者が増えるように設計しているから「高ティアで遊んでほしい」わけですもんね
よくできたシステムですね。よくわかりました。
Posted by とおりすがり at 2014年11月17日 11:02
>>とおりすがりさん
こんにちは。その通りだと思います。
高Tierでの戦闘割合が高い人、戦闘数が多い人でレーティングをあげることで誘導している感じはありますね。そこは商売ですから( ´Д`)ノ
Posted by ゾリ at 2014年11月18日 00:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。