2014年11月29日

コントローラーの設定


みなさんはiPhone、iPad、iPodのどれでプレイしていますか?
私はiPhoneでプレイしています。画面が大きいほうが何かと操作しやすそうなので、iPadはうらやましいですね。寝っ転がってポチポチやる分にはiPhoneのほうが気楽にできそうですし、そのあたりは一長一短かもしれませんが。

さて、今回はコントローラーに関するお話です。
私は男のわりに手があまり大きくありません。その私でもiPhoneの初期設定のままだと操縦アイコン(十字キー)があまりしっくりこないサイズです。アイコンが小さくて微妙な指の動きに反応してしまったり、逆に進行方向を入力しているつもりがアイコンからとびだして停止したりします(´Д⊂

昔、お相撲さんが指が太すぎてゲームボーイができないという話を聞いたことがあります。AボタンだけとかBボタンだけを押すのができないそうです。そこまで大げさな話ではありませんが、BlitzをiPhoneやiPodでプレイしている方は少なからずアイコンの大きさに苦慮した経験があると思います。


実はこのコントローラーのアイコンは大きさと位置が変更できます(=゚ω゚)ノ
特に中戦車のように動き回る車両を使っている場合は、自分の指の太さや操作にあう大きさと位置を設定しておくことをオススメします。メニューの「設定」から「コントロール」タブを開くと↓のような画面になります。

コントローラー.jpg



ここから該当のアイコンを移動させたり、大きさの変更ができます。小さすぎると、進んでいるつもりが急に停止したり、思わぬ方向に進んでしまったりします。逆に大きすぎると指の移動幅が大きくなって、機敏な操作ができません。

急に大きさや位置を変更すると、間隔が変わってしまって数戦は操作しづらく感じるかもしれません。ただ、やはり自分の体にあったサイズにしておくと慣れたときの扱いやすさが全然違ってきますので、みなさんも試してみてください。もし変更が気にいらなくても、デフォルトにすぐ戻すこともできます。


それから、「設定」の「一般」タブからいくつかアイコンを追加することもできます。
「第2射撃ボタン」「見回しエリア」「自動照準」の3つが追加している人が多い機能だと思います。1つずつ紹介していきます。

「第2射撃ボタン」は単純に「射撃ボタン」がひとつ増えます。通常は画面右側にありますが、左手でもタップできるように操作アイコン(十字キー)の上あたりに置いておくのも手です。画面の大きいiPadでプレイしている方は導入しやすいですが、iPhoneだと画面が見づらくなる恐れがあります。それもあって、今のところ私は導入していません。

「見回しエリア」は砲塔を回転させずに周囲の状況を確認できる機能です。特に駆逐戦車を使っていると、車体まで動いてしまうので重宝するアイコンだと思います。また、砲塔旋回の遅い重戦車にのるのなら追加して損のない機能でしょう。

「自動照準」はオートエイム機能との兼ね合いで追加されるアイコンです。オートエイム機能は照準を合わせた相手を自動的に追尾してくれる機能です。ただ、この機能にも難点があります。小さな隙間から見える相手を狙う場合、相手の動きに合わせて照準も動いてしまいます。結果、障害物の隙間を狙うのが難しいです。また、敵車両が複数重なっている場合、狙っていた敵とは別の敵に照準がひっぱられたりします。
オートエイムは通常ONで問題ないのですが、OFFのほうが狙いやすいことがたまにあります。「自動照準」をONにするか「OFF」にするかは、「設定」の「一般」から決められます。また、戦闘中にON・OFFを切り替えることも可能で、それを指定すると↑画像の左中央「A」のアイコンが追加される仕組みです。通常・スナイパーモードそれぞれでONとOFFを戦闘中に切り替えることができます。


今回は、コントローラーの設定について紹介しました。
細かなことですが、自分の指のサイズや操作方法にあったアイコン配置にするのは重要なことです。私はこれで操作ミスがだいぶ減りました。操作ミスは自分のせいなのもありますが、コントローラーの大きさ・位置が自分にあっていないときにも起こります。まだ調整していない方は、ぜひお試しあれ(=゚ω゚)ノ
ラベル:設定
posted by ゾリ at 09:00| Comment(0) | WoT BLITZ入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。