2014年12月14日

カッパーフィールドの戦術マップ


カッパーフィールドの戦術マップを紹介します。
カッパーフィールドは比較的セオリー通りの戦いが多いので、それほどバリエーションは多くないです。正面の敵と対岸の敵の両方に気を配りながらのプレイが勝利への鍵です。

カッパー.JPG



カッパーフィールドは南と北の丘(高台)に分かれるのが基本的な陣形になります(下図)。より重要なのは南側の丘だと思います。戦力の分け方としては、南に5両もしくは4両、北に2両もしくは3両というのが一般的です。北に4両以上向かうのもなくはありません。自軍が中戦車主体で、敵軍が重戦車主体であればそういう展開になることもあります。そうした場合は、南は時間稼ぎ、北は速攻で一気にたたみかけるということになります。

カッパー1.jpg



カッパーフィールで2つに分かれるのは、「対岸から味方を撃たせないこと」「対岸の敵を撃つこと」の2つの理由があります。もし一方向に全員が向かうと次の図のように包囲されてしまいます。

カッパー3.jpg



北側の丘は上段と下段のある南側ほど広くありませんし、全員で向かったところで効率よく集中砲火を浴びせることは難しいでしょう。また、渋滞がおこると対岸から容赦ない砲撃がまっていますので、かなり危険です。

同様に南側の丘に全員が進んでも同じような状況に陥りがちです。ただ、北側よりはいくぶんか可能性があります。

カッパー2.jpg



北側の丘の配置には時間がかかりますし、相手が態勢を整える前に南側の丘の上段を攻めるという作戦です。北側から敵が遠回りに包囲しようとしてくる前に、正面の敵を叩きます。ランダムマッチでは足並みが揃わないため難しいですが、うまくいけば一気に撃破数で優位に立てるでしょう。同じ方向に全員が行くとしたら、北側よりも南側のほうが可能性があります。ちゃんと連携できるならば、南側丘への速攻は有力な作戦です。



カッパーフィールドは基本的にスタートで2手に分かれればOKです。ただ、たまに自分だけ楽をしようと後方に待機する人がでてきます。そうすると下図の緑側のような布陣になるでしょう。みなさんもカッパーフィールドを戦っていて出会ったことがあると思います。

カッパー4.jpg



南北の丘の中間地点に1両ぐらいは後方待機してても文句は言いませんが、2両も3両もいりません。このあたりのポジションは相手が押し込んできて(=前線が維持できなくなって)、はじめて射線が通る位置取りです。前線が崩れて初めて役に立つというのは本末転倒です。また、敵に撃たれるのを怖がって後ろに隠れている人はあまりプレイヤースキルも高くありません。ですので、こうした布陣は輪をかけて勝率が低くなります。


以上、カッパーフィールドの戦術マップを紹介しました。ルートやチームの作戦という意味では選択肢はさほど多くありません。対岸からの撃たれない位置取りの把握、ハルダウン・飛び出し撃ちなど個々のプレイヤーの技術、経験がものを言うことが多い気がします。

みなさんの勝利に貢献できる内容になっていれば幸いです(=゚ω゚)ノ
posted by ゾリ at 20:00| Comment(2) | マップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近戦術が変わって来たのかなと思うので、少し前の記事ですがコメントさせていただきます。ただし6か7以上の高tierの場合です。

このマップは両チームの戦力が同じ場合、西側スタートの方が有利に思えます。ハルダウンや豚飯もしやすいですし、撃ったら隠れるというのも容易です。
そこで西側スタートの場合は、相手が南北に分散してるのが分かったり、ある程度体力を削れたら、全車で一気に押しつぶすように南側を撃破してしまうことが多いような気がします。
この時ボトムは北側に向かうより南側から牽制したり、全車アタックの時にとどめをさしたりする役目かと思います。高tierの場合、発砲すると対岸から見つかる状態になるので、小戦力で対岸に行く必要がなさそうに思えます。中戦車主体の場合はチームの動きに左右されるので難しいですね。

東側スタートの場合も、自チームが重戦車主体だったり、相手が分散してるのが分かったら、丘上で撃ち合うよりダメージ覚悟で一気に全車で押し寄せた方が勝てる確率が高いように思えます。
もし中戦車主体の場合でも、スピードを活かして全車で南側経由で回り込んで、南側の敵と、敵陣で芋ってる駆逐を一気に叩けば、数的有利に立てるので、相手が重戦車主体でもなんとかなります。
いずれの作戦にしても、自車がトップなどで皆が協力してくれることが必要です。大抵協力してくれるのですが、声をかけても1車か2車は勝手に違う方へ行ってしまいます。でも逆にそれがいい見張り役になって敵の動きを鈍らせてくれるので、勝ちやすくなります。

もちろん分散しないと言っても、自陣で動かずに芋るのとは違います。建物や起伏を利用して対岸から撃たれないよう斜線を考える必要がありますし、チャンスがあれば回り込む必要もありますし。

以上、最近の勝敗から出た仮説でしたがどうでしょうか?
Posted by 特攻爆散noob at 2015年01月10日 23:20
>>特攻さん
南丘上段のラッシュはわりと勝率いいですね。ただ周りのメンバーとタイミングを合わせられるかがポイントになりますので、「攻撃せよ」で誘導しつつといった感じでしょうか?!それから相手が丘から降りて引いて守った場合に、無謀に突っ込みすぎるメンバーが出がちなイメージがあります。ラッシュが失敗して負けるときはだいたいそういう流れが多いような気がします。
Posted by ゾリ at 2015年01月14日 01:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。