2014年12月15日

フォールズクリークの戦術マップ


続いてはフォールズクリークの戦術マップを紹介します。
フォールズクリークは主戦場になる場所がいくつもあって、戦い方にはいろんなバリエーションがあります。また、重戦車や中戦車、駆逐戦車のどの車両でも活躍の機会があるので、面白いマップだと感じます。

フォールズ.JPG



細かな違いはありますが、フォールズクリークは橋方面のルートと陣地方面のルートの2つがあります。よくある戦力の分け方は次のような感じです。

フォールズ1.jpg



図では橋方面に3両、陣地方面に4両を配置しています。このあたりの分け方は単独行動になりさえしなければ、どちらの方面に多く割いても良いでしょう。自軍と敵軍の車両編成をみて、選ぶと良いかもしれません。このように2つのルートに分かれるのがよくあるパターンですが、陣地方面へ戦力を集中させるのも有力な作戦です。

フォールズ2.jpg



一見すると上図の赤側は緑側に包囲されてしまったように見えます。ですが、できる限り陣地の西側を主戦場にすることで、橋からの射線を気にせずに戦うことができます。いちばんやってはいけないのが、全員が陣地方面に向かって、さらに陣地の東側で戦うことです。正面の敵と橋方面の敵から撃たれてしまいます。西側であれば、正面の敵だけに集中できるので、数にものを言わせて一気に攻めればOKです。撃破数で差をひろげ、残った橋方面の敵を迎え撃つ形になります。

ただ、相手も数で負けているのに撃ちあってくれるとは限りません。引いて守って、橋方面の味方が側面や背面にまわる時間稼ぎをするかもしれません。下図のように回り込まれると、やや戦いづらくなります。とはいえ、まだまだこれからの戦いといった感じでしょうか。赤側が不利とまでは言えません。

フォールズ4.jpg



では、陣地方面ではなく橋方面に全員が向かう作戦はどうでしょうか。これは相手の出方でぜんぜん変わってきますが、あまりオススメしません。陣地が占領され、その防衛に向かう途中でポカポカ撃たれてしまいがちです。仲間内での意思疎通が難しいことから、占領を切りにいくメンバーが各個撃破される結果になるでしょう。陣地方面に全員が向かうのはありですが、橋方面へ全員がいくと勝ちづらくなります。

両軍とも陣地方面に向かうというパターンも少なくありません。下図のような感じになり、あとは地形や障害物を利用したねじりあいです。凹凸が多く広い場所ではありませんので、俯角がとれる車両や一発の火力に優れた車両が活躍しやすいかもしれません。とはいえ、当然ながら勝敗はプレイヤー個々の技術で上まわったほうが勝つでしょう。

フォールズ3.jpg



橋方面はともかく、陣地方面のルートには細かな違いがあります。スタート直後陣地方面に進んでるなと思っても、陣地から離れた場所で待機する人がけっこういます。具体的には、以下のような形です。

フォールズ6.jpg


フォールズ5.jpg



上の図は緑側の車両が陣地付近までいかず、後方に待機してしまっています。おそらくこの位置から橋方面への射線に期待しているのだと思いますが、さほど効果的ではない位置取りです。横に広がった陣形なので、赤側の車両が少し前にでると全員がスポットされてしまいます。また、下の図は赤側が陣地方面に向かう途中で高所に登りだしたパターンです。これも橋方面へいくぶん射線が通るので、それを狙ってのことだと思います。ですが、同様にすぐ見つかってしまい集中砲火を受けるのが関の山でしょう。陣地方面へ向かうにしろ、こうした中途半端なことをしてしまうと橋方面でも陣地方面でも貢献できない結果になってしまいます。


以上、フォールズクリークの戦術マップを紹介しました。
私は橋側も陣地側もどちらにもいきますが、どちらかと言えば陣地側が多い印象です。トップTier重戦車が橋に向かったら、それをサポートするためにお付き合いで橋方面にもいく感じです。そうでなければ、陣地側に向かうことが多いです。多数の敵を橋にくぎ付けにする「橋の戦いのスペシャリスト」みたいな人がたまにいたりしますし、相手側に鈍足の重戦車がいる場合はとっとと陣地側で戦いを起こしたほうが有利になりやすかったりします。

みなさんの勝利に貢献できる内容になっていれば幸いです(=゚ω゚)ノ
posted by ゾリ at 20:00| Comment(0) | マップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。