2014年12月17日

オアシスの椰子の戦術マップ


今回はオアシスの椰子の戦術マップを紹介します。
一度追加されたあとに陣地の場所が変わって再登場したマップです。

オアシス.JPG



駆逐戦車の位置はいろいろありますが、このマップは2つのルートに分かれるのが一般的です。

オアシス1.jpg



上図のように、南東の高台方面と北西の砂漠方面に向かいます。駆逐戦車はスタート地点付近で敵を狙う人が多いですが、他の車両と一緒にどちらかのルートに進むのも良いでしょう。オアシスの椰子では2手に分かれるのが大事なポイントです。他のマップでは同じ方向に全員で向かう作戦も有力ですが、このマップに関してはあまり優れた作戦とは言えません。2つのルートの間で射線が通ることから、もし全員がスポットされてしまうと危険です。見えない敵から好き放題狙われ、しかもそれを止めたり、見つけて反撃する手段がないからです。

オアシス2.jpg



上図は赤側が南東の高台にいっさい向かわず、北西の砂漠に全員が向かっているパターンです。こうなると、砂漠側に向かった緑車両はスポットをとりながら粘れば、その間に仲間が敵を撃ってくれます。また、高台方面に車両を割いていないので、スタート地点付近に駆逐戦車が留まっていた場合はすぐにみつかることでしょう。砂漠に来ている緑車両が撃破されるまでの間、緑側はボーナスタイムとばかりに撃ちまくれます。

2ルートに分かれるのが基本ですが、いくつかバリエーションがあります。

オアシス3.jpg



上図の緑側はスポットがとれる最低限の車両が砂漠側へ向かって、あとは高台方面とスタート地点付近にいます。砂漠方面は建物に隠れているので、一方的に撃たれることはありません。ただ、砂漠側の赤車両が距離をつめてくると、仲間の援護がもらえなくなるため注意が必要です。高台方面で勝てるでしょうから、それまで粘って注意を引いたり自由に仲間を撃たせない立ち回りが必要になります。

オアシス4.jpg



上の図の赤側は陣地付近に1両がまわっています。砂漠側と高台側の両方をスポットし、また展開によっては占領することもできる位置取りです。危険な位置ですから、そのまま留まるというよりも仕事を終えたら次の場所へ展開することになります。腕に自信がある方向きといった印象です。

オアシスの椰子はスタート地点付近からいっこうに動かない車両がよくいます。そのため、場合によっては下図の赤側のような展開になります。

オアシス5.jpg



駆逐戦車が多いとしょうがない部分もありますが、こうなるとスタート地点付近の赤車両は比較的簡単に見つかってしまい、狙撃どころではなくなります。射線が通りやすいマップですから、駆逐にとってはお気に入りの狙撃ポイントを作ったり、中・重戦車とともに進んでもう一方のルートを援護したりといろんな立ち回りができます。当然のことながらスポットをとってくれてはじめて狙撃ができるわけです。上図の布陣は狙撃されることが多く、狙撃の機会が少ない形になっています。


以上、オアシスの椰子の戦術マップを紹介しました。
大事なのは、2つの方面へちゃんと車両を分けることです。とりあえず固まって動けばそれほど悪くならないマップが多い中で、このマップは違います。カッパーフィールドも固まると勝ちづらいですが、オアシスの椰子はそれ以上に勝ちづらい印象です。広いマップですので、1ルートに固まりさえしなければいろんな立ち回りが考えられます。戦い方のパターンがはっきりと決まっていない分、工夫と腕の見せ所という感じです。

みなさんの勝利に貢献できる内容になっていれば幸いです(=゚ω゚)ノ
posted by ゾリ at 20:00| Comment(0) | マップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。