2014年12月17日

失われた寺院の戦術マップ


今回は失われた寺院の戦術マップを紹介します。
比較的新しく追加されたマップなので従来のマップほど作戦もパターン化されていません。いつもはよくあるパターンから解説していましたが、このマップについては紹介する順番を前後させています。

寺院.JPG



このマップはディスペア砦と性格が似ています。円形の敷地とその外周から構成されたマップです。重戦車がある程度揃っていれば、寺院の境内を主戦場にするのが手堅いです。両軍とも境内に進軍した場合は下図のようになります。

寺院1.jpg



境内で建物を使いながらの撃ちあいになります。重戦車の主戦場は北西端になることが多いです。また、境内はある程度広さがありますから、中戦車は横をとろうと陣地寄りの方面から相手を狙うことになるでしょう。全員が境内に向かう作戦は重戦車の戦力で勝っている場合には有力です。一方、中戦車が主体になっている編成のときなどは選びづらい作戦です。そのため、中戦車主体の編成のときは前線が維持できるだけの戦力を境内にさき、数両で裏をとりに行くという作戦が考えられます。


寺院2.jpg



上図で緑側は全員が境内ルート、赤側は2両が裏をとりに動いています。私はこの図のように裏取りを自分でもやったことがありますし、敵からされたこともあります。正直言えば、寺院の裏取りは恐がる必要がないと思います。どうせ境内に入ってしまえば多かれ少なかれスポットされますし、障害物が多いのでどちらかの射線をきって戦うのは難しくありません。上の図で言えば、形勢は互角もしくは緑側がやや優勢に思います。ですが、この裏取りルートを恐がっているのか、あるいは裏取りルートに進んだ車両を餌食にしたいのか、境内に向かわず南東方向に向かう車両がわりといます。

寺院3.jpg



例えば上図のような感じです。緑車両のいくつかが外周からの攻撃に備えているかっこうです。境内の車両がすぐにはやられないという仮定の話ですが、こうなると緑側がかなり戦いやすくなります。赤側の裏取りルートはスポットしてすぐさま引くのが無難で、変に戦うと大きな被害がでてしまうでしょう。こういう事情があって、境内の外周ルートは中央寄りのルートよりも南東端を通る遠回りなルートで安定します。

寺院4.jpg


寺院5.jpg



上の2つの図は両軍とも、境内と外周の2つのルートに戦力をわけていたときの布陣です。失われた寺院でもっとも多いのがこの展開だと思います。外周のほうが比較的早く決着がつくので、外周ルートで勝った勢力が境内へ加勢にかけつけるのがよくあるパターンです。戦力配分はありますが、作戦の優劣は少なく地力の勝負になりやすい展開です。両軍とも戦力を分けているので互角の勝負になっていますが、この作戦だと境内の戦力が不足気味です。もし相手が境内中心で来ていた場合はかなり厳しい戦いになります。

寺院6.jpg



上図は、緑側が2ルートに戦力をわけていて、赤側は境内に戦力を集中させた展開をあらわしています。外周にまわったグループが境内の応援にいこうにも、遠回りをしてしまっているのでかけつけるまでに時間がかかってしまいます。こうなってしまうと、赤側は目の前の敵を数にものを言わせて殲滅し、あとからやってくる敵を各個撃破すれば良いわけです。赤側の有利な展開です。

ここまで戦術マップシリーズを読んでくださった方はお気づきだと思います。「変に2ルートに戦力を分けるから駄目なんじゃないの?!」と。私もそう思います。バランスをとろうとするあまり2ルートに戦力を分けてしまいがちですが、失われた寺院に関しては境内ルートと外周ルートのどちらかに絞って戦ったほうが勝ちやすい印象があります。

寺院7.jpg



例えば、上の図でいうと赤側は外周に全員が向かっています。外周に回った緑車両を撃破して有利に立ち、そのまま押し切るのは難しいことではありません。境内に多少の戦力をさいて時間稼ぎや撃ちあいをするよりも少ない被害で外周ルートを制圧できます。

互いに境内ルートと外周ルートに戦力を集中させると、全部で3パターンの展開がありえます。互いに境内に進むと最初に紹介した戦術マップになりますし、互いに外周に進むとこれもまた互角の展開です。どちらかが境内ルート、もう一方が外周ルートに進む展開は下図のようになります。

寺院8.jpg



上図のような展開も何度か経験しましたが、作戦的には五分だと思います。ただ、実践的には境内ルートに全員が向かっている緑が勝ちやすいように感じます。みんなどこかしら境内が主戦場になるのはわかっているはずです。そのため、主戦場に全員で向かう側と主戦場を避ける側ではやはりプレイヤーの質に差が出ます。境内に向かうグループは自分のプレイヤースキルにある程度自信があるメンバーでしょう。逆に、外周に向かう車両には戦いを避けようとするメンバーが多かれ少なかれいます。作戦の優劣はないにしろ、プレイヤー個々の技術の差から境内側が勝ちやすいような印象です。


以上、失われた寺院の戦術マップを紹介しました。
少し変則的な解説にはなりましたが、有力なのは全員で境内あるいは外周に向かう作戦だと思います。現在主流の2ルートへ戦力を分ける作戦は、勝てないとまではいいませんが作戦勝ちは期待できません。あとは地力で勝っているかどうかが勝負です。また、今回はルートを単純に2つに分けて解説しました。実際は外周寄りの境内ルート、境内寄りの外周ルートなど細かなバリエーションがあります。そのあたりも考慮しつつ自分の進軍ルートを選んでもらえればと思います。

みなさんの勝利に貢献できる内容になっていれば幸いです(=゚ω゚)ノ
posted by ゾリ at 22:00| Comment(2) | マップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
個人的な意見ですが、中戦車でスタート地点が外周の場合ほぼ毎回1番外側を走って敵の背後を取ります。味方の射線は通らないこともありますが、会敵さえしなければ積極的に攻めます。

街側は味方が多すぎる場合は、塔の周りの円を挟んで対峙することもあります。1つ目にハルダウンができること。2つ目に両脇に味方がいればそうそう被弾することはないこと。3つ目に一番外側に何両も集まると射撃機会が少ないだけでなく撤退に支障をきたす為です。
Posted by 先日フレになっていただいた者 at 2014年12月23日 12:55
>>フレさん
返信が遅くなりすみません(汗
補足ありがとうございます。記事は私の感覚的な内容ですので、これを叩き台にしていろんな意見がいただければと思っていました。ありがたいです。

外周ルートの裏とりはかなり経験と腕が必要な気がします。腕自慢の方が外周からいってくれると安心して境内で戦えますし、確かにだいぶ楽な戦いになる印象があります。

あと境内の塔まわり、相手へ複数の射線が作れる重要ポイントですね。ご指摘ありがとうございます(^-^)/
Posted by ゾリ at 2014年12月26日 15:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。