2014年12月17日

ブラックゴールドヴィルの戦術マップ


ここのところずっと更新していた戦術マップシリーズもブラックゴールドヴィルの今回でひと段落です。
まだ冬のマリノフカを記事にまとめるには経験不足です。おいおいまとめるつもりなので、それをお待ちいただければと思います。

黒金.JPG



ブラックゴールドヴィルは、オアシス同様に射線の通りやすいマップです。ただ、南の建物側は隠れる場所がちゃんとありますし、北の丘側も南側から射線が通る場所は限定的です。よくあるのは建物側と丘側に戦力を分けるパターンです。

黒金1.jpg



先に勝負が決まったほうが残っている側へ加勢する形になります。戦力の配分はありますが、特に作戦的な優劣はありません。このマップでは、2ルートへ戦力を分ける作戦、どちらかに戦力を集中させる作戦どれも有力です。

黒金2.jpg



例えば、上図は赤側が丘方面に戦力を集中させ、緑側は2ルートに分けているパターンです。赤側は目の前の敵をいち早く倒せれば、スポットもきれて建物側へ勢いそのままに攻め込んでいけます。一方緑側は丘の車両が粘ったり、建物側からの射線が通る場所まで相手をおびきだして戦うことになります。赤側は足並みが揃わない危険がありますし、緑側は前線にたつ車両がすぐにやられてしまう危険があります。形勢的にはもちろん五分です。

黒金4.jpg



建物側へ全員が向かった場合も似たような展開になります。上図の赤は建物側に全員が向かっています。同様に、建物側をいち早く殲滅すると赤側は有利になりますし、そうでなければ緑側の丘からの射線が幅をきかせることになるでしょう。作戦の優劣やプレイヤー個々の技術というよりも、チームのメンバーが作戦の意図とリスクをどれだけ認識しているかが勝負の分かれ目だと思います。なんとなく全員が同じ方向へ向かってしまうと下図のように、2ルートに分かれた側が有利に立ちます。

黒金3.jpg



裏取りは時間がかかりますし、こんなにうまく相手を包囲できることは稀です。2ルートに分散させる作戦も1ルートに集中する作戦も両方とも一長一短あって、難しい戦いになります。2ルートに分ける作戦では、その場で対岸を遠距離射撃をするほうが効果的なときもありますし、さっさと裏取りに向かったほうが効果的なときもあります。そのあたりの状況判断も勝敗をわける鍵です。

黒金5.jpg



一方が建物側、もう一方が丘側に進むパターンもしばしば出会います。ちょうど上図のようになり、作戦的な優劣はありません。陣地方面をおさえている赤側は自分たちから動く必要がないので、足並みをそろえる必要がないのが良いところです。逆に、緑側は陣地を防衛しようとして連携が崩れると各個撃破の憂き目にあってしまいます。その代わり、丘にそのまま待機した車両が一方的に撃つこともできます。とはいえ、いったん丘を確保してしまうと丘から頑なに動かない重戦車や中戦車がでがちです。そうなると、緑側は戦いづらくなりますから、うまく誘導する工夫が必要になるでしょう。

黒金6.jpg



ここまで建物側ルートということでひとくくりにしていましたが、スタート地点付近で待機する選択肢もあります。無闇に建物側を進んでしまうと、相手が建物側に戦力を集中してきたときの餌食になるからです。また、スタート地点付近のほうが丘上が押し込まれた場合に比較的射線が通りやすいです。けっこう良いことづくめと思われるかもしれませんが、落とし穴もあります。上図の緑側はスタート地点付近に複数の車両が待機しています。この車両群はマップ中央にいる赤車両で簡単にスポットできます。この赤車両の位置は丘方面からある程度隠れられるので、スタート地点の偵察にはうってつけです。いったん見つかってしまうとスタート地点に待機していた緑車両もなかなか狙撃の仕事ができなくなります。


以上、ブラックゴールドヴィルの戦術マップを紹介しました。
このマップは2つのルートに分かれるのも、どちらかに戦力を集中させるのも、どれも有力な作戦です。2つのルートに分かれるパターンがいちばん多いですが、作戦の意図を理解しているメンバーが揃っていたり、うまく仲間を誘導できる技術(チャット・先導)があればどちらかに戦力を集中させたほうがうまくいくことでしょう。戦力を集中させているのに手をこまねいたり、前に出るメンバーがいないと逆に2ルートに分けた作戦の良さがでてきます。そのあたりは注意が必要です。

みなさんの勝利に貢献できる内容になっていれば幸いです(=゚ω゚)ノ
posted by ゾリ at 23:00| Comment(1) | マップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブラックゴールドですが、左右の味方の展開を見ながら中央を2両位で進むのも面白い手だと思います。 特に中戦車だと左右にいる味方の援護にすぐ行けるので、状況に即応できるようです。また中央の通路は上からも下からも射線が通らないので時には直線的な裏取りにも有効ではないでしょうか。

丘、街の味方の台数、状況を見ながら、中央の通路からみて上段に行くのか道路を行くか選択肢がいろいろって良いと思います。

如何でしょう?
Posted by knightgiri at 2016年01月02日 15:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。