2015年01月07日

搭乗員の熟練度


乗りだしはどの車両でも楽ではありません。開発が進んでいないので、非力な砲やエンジンで戦いに臨まないといけません。また、ゴールドを使わない限り、熟練度による補正がかかってしまいます。クレジットを消費して75%まで上げたとしても、加速や旋回のもたつき、射撃精度の低さには困ってしまいます(;´Д`)

さて、今回は熟練度による補正について紹介したいと思います。熟練度が低いと車両のスペック通りの性能は引き出せないわけですが、それがどのくらいかというお話です。訓練画面では、クレジットで50→75%に上げたとき、ゴールドで50→100%に上げたときにどのくらい性能が向上するかが表示されます。

熟練度.jpg


表示されている項目はいろいろとありますが、有効桁数の多い「発射速度」「視認範囲」の2つに注目しています。他の数値は四捨五入(あるいは切り上げ・切り下げ)の影響でそんなに精確な数値にはなっていないと思われます。

具体的な数字を示すと次の通りです。

 ・熟練度50%時は実際の性能の約78%しか発揮できない
 ・熟練度75%時は実際の性能の約89%しか発揮できない

熟練度が100%になるとカタログ通りの性能が発揮できるわけですから、熟練度25%につきおよそ11%の補正がつくことがわかります。普通はクレジットで75%まで上げて乗りだすわけですから、戦闘をこなしながら11%分の補正を埋めていくことになります。


さて、拡張パーツには「改良型換気装置」、消耗品には「食べ物」といった、搭乗員の能力を向上させるものがあります。換気装置は+5%、食べ物は+10%の効果があります。ゲーム内の説明ではよくわかりませんが、先ほど紹介した熟練度部分に影響していると言われています。つまり、両方をのせると熟練度115%の能力を発揮できるというわけです。

熟練度25%で実際性能の11%に相当することを考えると、115%ということはカタログの表示よりも6.6%の性能アップと言えます。個別に言うと、換気装置で2.2%、食べ物で4.4%です。Wikiの表記とも内容がかみ合いますし、おそらく性能の向上幅はこれで問題ないと思います。ただ、隠蔽率のように性能が向上しない項目もあります。どの項目が恩恵を受けるのかははっきりしませんが、訓練画面に表示される6項目は少なくとも影響を受けるのではないかと私は思っています。
※訓練画面の6項目…旋回速度、砲塔旋回速度、発射速度、照準時間、着弾分布、視認範囲


いろいろと情報を探したのですが、熟練度に関する詳しい解説が見当たりませんでした。本家WoTプレイヤーの方で詳しい内容を知っておられる方がいたらコメントいただけると幸いです。
posted by ゾリ at 23:00| Comment(3) | WoT BLITZ入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
装填速度とかが単純に5%短くなるものと思って換気扇を載せてました((((;゜Д゜)))
まさか2.2%だったとは。。自分のなかでの換気扇重要度がかなり下がりました 笑
いつも有益な情報ありがとうございます!
Posted by ちば at 2015年01月08日 01:07
>>ちばさん
翻訳の関係のあるんでしょうが、説明わかりづらいですよね。
私の推測なので間違っていたらすみませんm(_ _)m ただ本家ウィキに換気装置で2%強という記述がありますし、まあ大丈夫だろうということで記事にしました。換気装置は多くの能力を底上げしてくれるので、捨てたもんじゃないと思いますよ(^-^)/
Posted by ゾリ at 2015年01月09日 08:10
本家wikiのほうに乗員熟練度による車両性能の変化の計算式があります。
Britzでも装填速度を見る限り、計算式に大差はないと思いますので参考にしてみてはいかがでしょうか
Posted by at 2015年12月26日 16:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。