2015年03月10日

レミングスについて


【追記】2015.3.17
コメントで指摘いただいたのですが、ここで使っている「レミングス」という表現は誤用です。ただ、その誤用がBlitzでは広まっていること、戦法を言葉でうまく伝える他の一般的な表現がないこと、この2点から特に修正は加えていません。誤用だとわかっていても、わかりやすく伝えるという点では非常に有効なのでとりあえず「レミングス」という表現でいこうと思います。



Wikiを読んでいる方は知っていると思いますが、本家WoTでは全員がひとまとまりになって進軍することを「レミングス」と言います。あまり良い意味では使われておらず、戦術を理解していないnoobが陥りがちな行動だと考えられています。その理由は、スポットされると一方的に敵から狙撃され、簡単に包囲されてしまうからです。何の考えもないまま味方についていくのは危険だというわけです。

一方、マップが狭く車両数の少ないBlitzではやや状況が違います。このブログの戦術マップシリーズにも書いていますが、全員で同じ方向へ向かう作戦は多くの場合有効です。強いて言えば、「カッパーフィールド」と「オアシスの椰子」の2つは2ルートに戦力を分けたほうが勝ちやすいと思います。なお、カッパーフィールドであっても南側の丘(上段)を一気に攻める作戦は有力です。足並みが揃わない危険があるものの、包囲されてジリ貧になるよりもよほど勝ちやすいです(連携がとれさえすれば2ルートに分かれる作戦よりも強い気がします)。

今回の記事ではBlitzにおけるレミングスの強みと危険性についてまとめたいと思います。

まずはレミングスの強みです。

■各個撃破
相手が2ルートに分かれていた場合、レミングスをしたチームは数的有利な状況で戦うことができます。数の少ない相手を一気に撃破できれば、残った敵を数で押しつぶすことも可能です。

■ボトムの活躍、ダメージの分散
数的有利な状況が作れると良いことづくめです。どんなに装甲の厚い車両も側面や背面であれば格下の中戦車から抜かれてしまいます。敵の隙をつくことでボトムTierの車両が活躍できます。
さらに、敵からのダメージを分散しやすいのもポイントです。よく最後に生き残った車両のHPがMAXという状況をみかけます。HPが半分しか残ってなくても1両よりも2両のほうが絶対に良いわけですから、これは効率の悪いダメージの受け方と言えるでしょう。レミングスの場合、ダメージを受けたら後方に引いてHPを温存しやすいです。

■敵の作戦を空振り
マップごとにセオリーがあって、高Tierの戦闘だと初動の立ち回りも似通ってきます。ただし、あくまでこれも初動にすぎません。セオリー通りに進軍したら敵がいなかったなんて場合は、チームのその後の動きがバラバラになりやすいです。相手が進軍してくるのを待ち伏せしようとする人、自分からガンガン攻めていこうとする人などに分かれがちです。
レミングスは各個撃破すると同時に、敵の作戦をスカ振りさせて足並みを乱す効果もあります。


当然ながらレミングスする際に気をつけないといけない点があります。

■狭い位置で渋滞
狭い場所に並んでしまうと渋滞を起こしてしまう可能性があります。こうなると後方の味方は有効な援護射撃ができず、数的有利な状況がまったくいかせません。また、味方同士でぶつかったり、後退をブロックしてしまったりが起こりやすいです。
レミングスとはいうものの、地形にあわせた距離を保つのも大切です。

■後方がついてこない
レミングスをしている側は数の少ない敵と接敵したら一気に叩くのが良いでしょう。ただ、接敵しても後ろに隠れたままでなかなか前に出ようとしない車両がでる場合もあります。最前線の車両は援護を期待して前にでますが、その期待は裏切られ、特攻のような形になってしまいます。
また最前線が押せないと、敵の別ルート部隊が援護にかけつけてやられてしまいます。万が一後方に回られてしまうと装甲が薄く、旋回のしづらい駆逐が餌食になってしまうことでしょう。

■ルーズプレイ
後方がまったく前線の動きに合わせてくれないのはありますが、その反対もあります。つまり足の遅い後方を置いてきぼりにして前線が進みすぎるパターンです。数的有利で相手の1〜2両を倒すとチームは勢いづきます。イケイケになってしまい慎重さを欠くとこうした状況に陥りがちです。イケイケで進んだ味方が敵の待ち伏せにあって撃破、せっかくの数的有利をチャラになんて話も珍しくありません。敵を倒したあとは勢いにのって射線が通りそうなところに飛び出さず、スポットが切れるのを待って慎重に残りの敵を倒すのが安全です。


以上、レミングスの強みと注意点についてまとめました。
個々のプレイヤーの質で負けていたとしても、レミングスは作戦勝ちに持ち込めることもあります。強みをいかして効率よく戦いましょう。ただし、全員で一緒に動いているからといって連携がとれていると錯覚しないような注意も必要です。
ラベル:レミングス
posted by ゾリ at 12:00| Comment(11) | WoT BLITZ入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レミングスが悪手だという風潮、確かにあると思います。とくに本家では悪手みたいですね。自走砲があり、マップも広いと袋のネズミになりやすいみたいです。

しかしblitzでは、zoliさんの仰るとおりレミングスしたほうが良い場合が多いと自分も感じています。
ただ、モタモタしてたら裏取りしてきた敵にはさまれてしまうといった状態になりかねないので注意が必要ですが、、、

レミングスでラッシュをするのがblitzの定石なのかなと最近感じます。
Posted by ikkiRussia0724 at 2015年03月10日 18:43
こんにちは。味方の動きについて2点ほど質問させてください。

1.味方の動きが明らかにまずい時。

例えば鉱山で、自分はトップティアそこそこ動ける重戦車(IS-3とか)で味方の中戦車が丘に向かわなかった場合どうされていますか?
自分はとりあえず丘に向かいます。その理由としては、むこうの中戦車も丘に来ていない場合がありうる。また、仮に丘を取れなくても丘下で時間稼ぎをして、島から撃ってもらう。これらが理由ですが...他の選択肢としては島に行く→あまり射撃機会がない。迂回ルートを行く→時間かかる上に丘からスポットされ続ける。ですが、solidさんはいつもどうされてますか?

2.ぼっちになった場合

例えばフォールズクリークで、足のないミドルティア駆逐(SU-152とかT28とか)で、自分は橋に向かったところ、他の味方はキャプと迂回に行った場合どうされてますか?
自分はとりあえずワザと見つかるようにして敵を牽制します。そうするとすると時間稼ぎでうまくいけば先行キャプ勝ちか、或いは敵が挟み撃ちするまでの時間を稼げる、と思うためです。他の選択肢としては、自分もキャプに走る→挟み撃ちされる未来。奥の方に移って敵が突っ込んできたところを狙い撃つ→距離がつまっているので1
発撃つとスポットされる。うまく対岸と連携が取れれば殲滅も不可能ではないけど、向こうが浮足立たない限りさらに距離を詰められてNDKされる。ついでに橋を渡られると対岸からの射線は微妙。こちらについてもsolidさんはいつもどうされていますか?
Posted by 774 at 2015年03月11日 01:12
>>ikki0724さん
チーム全員が連携していたら別かもしれませんが、やはりランダムマッチングではレミングスが私も優秀だと思います。2
つのルートに分かれる作戦も悪いとまでは言いませんが、あまり上手でないプレイヤーが生き残って上手なプレイヤーが先に撃破されてしまうパターンが多い感じもします。チーム全員をうまく戦いに巻き込んでいくのが全体のパフォーマンスを上げるポイントだと思います。
クランが実装されるともう少し状況が変わると思いますし、楽しみなところです。


>>774さん
コメントで返信するには内容が多くなりそうだったので、後日記事にて回答させてもらいますm(_ _)m
もうしばらくお待ちください。
Posted by Zoli at 2015年03月13日 07:44
どうも。戦術についてはBlitzは本家と比べて気軽にプレイ出来るので、あまりそういったことを考えないでプレイしている人が多いような印象です。戦況とか気にせずに撃ち合いを楽しんでるみたいです。勝ち負けも組み合わせ次第という感じですかね。私もあまり気にせずにプレイしていたので、先のブログで紹介されていた分析HPで自分のデータを見てみましたが、殆どの数字が赤かったのでもう少し考えてやらないといけませんねw
Posted by 69126 at 2015年03月13日 12:34
お返事ありがとうございます。

なんとなく、自分の欠点として重戦車だろうが中戦車だろうが駆逐だろうが(一部マップを除き)、同じ位置につく癖があって、あんまり臨機応変な対応ができていないな、と思っているので、ご相談させてもらいました。
車種によって前列か後列か、裏取りをするかしないかの違いはあるんですが、マップ上ではだいたい同じ位置につきたがるのが良いことなのか悪いことなのか...
非常に大きな負けパターンとして、挟撃やクロスファイアを決められることがあるので、「このルートは簡単に通したくないわ」って所は、時間を稼げるならなるべく稼ぎたいんですよね...もちろん瞬殺されそうなら引きますが。
Posted by 774 at 2015年03月13日 12:53
レミングスはその行動した味方達が溶ける事を表した言葉で、固まってmapの一方向から敵を撃破して進軍するのはラッシュです

最近「レミングス」と言う言葉が戦法の様に使われてますが間違いです

例え1)味方5両がmapの反対側で敵の少数相手に全滅←レミングス
例え2)味方5両が西側の敵を損滅に成功し敵のラインに穴を開けた←ラッシュ(失敗すればレミングス)

PC本スレにも散々誤用が指摘されてますがまだ使われてる所を見ると新しい&普段使わない言葉を使いたくてたまらないのだろうなと思ってしまいます
Posted by at 2015年03月13日 14:26
言葉の使い方は難しいですね
言葉は生き物だから、どんどん変わっていってしまいます

ジブンがどんなに納得できる定義でも、100人中20人が認めれば、その用法も認めなくてはいけないし、50人を超えるなら定義のひとつとする必要があるでしょう

用語の混乱が誤解を呼ぶケースでは注意しなくてはいけませんが、レミングスは戦法の名称として既に一般的でしょう

2人しかいなくてもラッシュはできますしね
Posted by kko at 2015年03月13日 16:00
>>名無しさん、kkoさん
ご指摘ありがとうございます。
私は2ちゃんで「レミングス」という単語を初めて知りました。というわけで、誤用のほうで慣れたわけですね。実際は、失敗すればレミングス、成功すればラッシュなんですね。
私はてっきり戦法の名前だと考えていましたが、本家WoTには戦法をあらわす他の単語はないんでしょうか?誤用が広まった理由として、特定の戦い方・戦法の表現がないのであれば、そこを埋めるようにレミングスの誤用が定着したのではという気がします。
とりあえず、良い表現がみつかるまでは「レミングス」の誤用は修正しないつもりです。そのほうが意味が伝わりやすく、実際的かなと思います。
Posted by zoli at 2015年03月17日 12:08
お久しぶりです。
私も「レミングス」賛成派です。
台数の少ないBlitzでは、仮にレミングスで敵の2台を一気に潰せれば、それだけで7:5になるので、その時点で数台がHP半分になってたとしても有利だと思います。
配置が最初から分かれてる場合は遅い車は合流するのが大変ですが。
ただ、「レミングス」と言っても単にゾロゾロついてくのではなくて、前衛(重)・後衛(駆逐)・遊撃(中)程度の役割分担を暗黙の了解で出来てはじめて意味があると思います。
逆に言うと、前衛が前線を維持している間に、後衛が後ろから撃てて、遊撃が側面に回り込めるくらいの空間がない場所では厳しいですよね。
私も以前は「中戦車は中戦車と戦うのが仕事」みたいな意識があったんですが、最近は重戦車の支援が最優先の役目だと考えるようになってきました。
そうなると味方が見える位置を進むので、レミングスっぽい動きになってしまいます。

ちなみに「レミングス」ですが、おそらく元はネズミの仲間の「レミング」
という動物の習性が語源になっていると思います。
一定地域に数が増え過ぎると、餌を求めて大集団で移動して新天地を探すわけですが、その際に勢い余って川や海に集団ごと飛び込んで死んでしまうことがあり、それが「数の調整のための集団自殺」と思われていたことがありました。
これが、「集団で移動してあっという間にやられてしまう、自殺しにきてるのか?」というニュアンスで「レミングス」となったんだと思います。そう考えると「レミングス」はいい意味で使う言葉ではないのでしょう。
実際、ゲーム内チャットで使っても通じなかったことが何度かありましたし。

ゲーム内の公式用語は英語ですし、海外の方も参加しているので、できるだけ英語を使うのですが、「レミングス戦法で行こう」と呼び掛ける時、なんと言うのが一番通じやすいでしょうか?
Posted by 特攻爆発noob at 2015年03月18日 12:01
rush、together、stay with meなんかは聞いたことありますが、一緒に行こうという意味でlemmingsは聞かないです。
レミングス戦法と言っているのは日本人くらいでしょうか…?
Posted by NA at 2015年03月18日 14:47
>>特攻さん、NAさん
英語での表現はなかなか難しいですよね。いろんなバックボーンのプレイヤーがいるなかで、一言でチームを統率するのは難しいのかもしれませんね。「Rush」という表現は使ったりしますが、集団行動というニュアンスよりも「ガンガンいこうぜ」という意味でとられていることが多いように思います。
NA鯖に語学留学しにいこうかな(笑)
Posted by zoli at 2015年03月22日 19:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。