2015年03月18日

Q&A part1


コメントで質問をいただいたので、今回の記事ではそれに答えようと思います。あくまで私の個人的な見解ですので、コメント欄でいろいろな考え方を補足いただければ幸いです。また、簡単に答えられるは質問には今後もコメントで返信していきますが、文章量が多くなりそうな質問にはQ&Aという形でブログ記事でまとめていこうと思います。

というわけで、Q&Aシリーズ初めての質問者さんはこちらです(=゚ω゚)ノ

こんにちは。味方の動きについて2点ほど質問させてください。

1.味方の動きが明らかにまずい時。

例えば鉱山で、自分はトップティアそこそこ動ける重戦車(IS-3とか)で味方の中戦車が丘に向かわなかった場合どうされていますか?
自分はとりあえず丘に向かいます。その理由としては、むこうの中戦車も丘に来ていない場合がありうる。また、仮に丘を取れなくても丘下で時間稼ぎをして、島から撃ってもらう。これらが理由ですが...他の選択肢としては島に行く→あまり射撃機会がない。迂回ルートを行く→時間かかる上に丘からスポットされ続ける。ですが、solidさんはいつもどうされてますか?

2.ぼっちになった場合

例えばフォールズクリークで、足のないミドルティア駆逐(SU-152とかT28とか)で、自分は橋に向かったところ、他の味方はキャプと迂回に行った場合どうされてますか?
自分はとりあえずワザと見つかるようにして敵を牽制します。そうするとすると時間稼ぎでうまくいけば先行キャプ勝ちか、或いは敵が挟み撃ちするまでの時間を稼げる、と思うためです。他の選択肢としては、自分もキャプに走る→挟み撃ちされる未来。奥の方に移って敵が突っ込んできたところを狙い撃つ→距離がつまっているので1発撃つとスポットされる。うまく対岸と連携が取れれば殲滅も不可能ではないけど、向こうが浮足立たない限りさらに距離を詰められてNDKされる。ついでに橋を渡られると対岸からの射線は微妙。こちらについてもsolidさんはいつもどうされていますか?
Posted by 774 at 2015年03月11日 01:12


みなさんも同じような状況を何度も経験されていることでしょう。どちらも難しい質問ですね。
私なりに考えをまとめてみました。


Q1 味方の動きが明らかに悪い時

A1
プレイヤースキルの低い人がチームに多いからといって必ず負けるわけではありません。上手な人はあまり上手くない人を使って勝率を稼いでいます。とはいえ、フォローにも限界がありますね。質問者さんの状況はかなり厳しいと言わざるを得ないでしょう。私の経験上、鉱山で裏取りルート(東側)を進む車両は勝率45前後のプレイヤーが多いように思います。たまに50%台前半の人もいますが、基本的に期待できないメンバーのはずです。個々のプレイヤースキルも低く、チームの作戦もイマイチとあっては勝てなくて当然です。

自分以外の全員が裏取りにいったなら、もうついていくしかありませんが、何両かでも中央や陣地・noob島にいれば、中央丘の入り口でスポットをとって、とにかく引いて守ります。理由は裏取り部隊が到着するまで絶対に死なないようにするため、裏取り部隊が一気にやられないように注意を引くための2つです。うまく自分が引きつけられれば、手数で勝って裏取りが成功する可能性が上がります。崖下沿いに少しずつ引けば、起伏とコーナーで隠れながら戦えるので、かなり粘れると思います。もし、逆に裏取りに敵の多くが対応する状況であれば、自分が少し前に出て戦うと良いでしょう。前にでるタイミングは難しいですが、味方がやられる前にダメージを稼いでおきたいところです。

味方の動きが悪いときは2つのことを考えて私はプレイしています。1つめは、自分がスポットをとって、味方が効率よく戦える場所までおびきだす方法です。うまくいくことばかりではありませんが、自分が縁の下の力持ちで頑張ります。2つめは、自分が被弾しないように味方をうまく使うということです。期待できなさそうな味方を守ることよりも、その車両が被弾している間に自分がダメージを稼ぐことを考えます。どんな下手なプレイヤーでもHPが残っている限りは相手の注意を引きつけてくれます。その間に自分はHPを温存しつつ、ダメージを稼ぎます。チャットでよくわかっていない人からchickenやcowardなんて煽りを受けるかもしれませんが、気にする必要はありません。


Q2 ぼっちになった時

A2
フォールズクリークで全員が陣地方面に向かった場合、橋にきた相手の部隊に足の遅い車両が餌食になるというパターンは確かにありますね、ただ、そこまで恐がる必要はないかなと思います。橋は超える際に危険があるので、勢いでバーンと飛び込んでくる人は少ないですし、また追いつかれても味方の援護が比較的受けやすいと思います。
というわけで、フォールズクリークは迷ったら陣地方面にGO!で良いと思います。足が遅ければ遅いほど、さっさと陣地方面にいかないと、橋に誰も来ていなかったり1両しかきていなかったときに立ち回りが空振りしてしまいます。また、時間稼ぎという作戦は相手の出方とこちらの出方がわかって初めて成り立つと思います。敵の出方がわからない以上、「時間稼ぎをする」という目標をもって単独で橋に向かうのはギャンブルすぎます。橋方面でわざと発見させて陣地転換という方法は私もたまに使いますが、足のある車両でやるのが良いでしょう。足の遅い車両だと、橋を挟んでにらみ合って動くに動けなくなってしまいますからね(+_+)いろいろと話をしましたが、基本的にはぼっちにならないように動くというのがいちばん大事です。

チームのためと思って自己犠牲の役をかってでるのは、悪いほうにでることが多かったように思います。うまくいけば良いのですが、自己犠牲で危険な立ち回りをして結局チームの足を引っ張るという流れです。前の質問のように仕方がなくという状況なら別ですが、進んで損な役回りはする必要がないと私は思います。


以上、いただいた質問に私なりの回答をさせていただきました。
はっきりとした正解があるわけではありませんしいろんな意見があると思います。「自分はこう思う!」というのがありましたら、コメントいただけると嬉しいです。
【関連する記事】
posted by ゾリ at 21:00| Comment(4) | Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お返事ありがとうございます。

1点目は自分もそうすることが多いです。まぁぶっちゃけジリ貧になって死ぬことが多いんですが

2点目は睨み合いになるからこそ、そこで立ち止まります。書いたか忘れましたが、陣地周辺と橋は斜線通ってますから、クロスファイアの形に持ち込めますので尚更向こうは出て来にくくなります。

逆に、味方の状況にもよりますが自分が橋にいて、45秒前後六感が発動しなかったらさっさと橋を渡ります。そこで敵に会わなければ、十中八九は言い過ぎですが十中七くらいは決まる感じです。七割じゃドヤ顔できませんが...体感ということで

zoliさんも恐らくそうだと思いますが、1番シンプルに最も多く射撃機会を得て、被貫通弾を最も減らす、という考えでやってます。
味方は当然コマですし、自分より動きの悪い人より自分が生き残った方が勝ちに繋がりますから利用するのは当たり前です。逆に味方に上手く使ってもらうのも大事かなーと思います。スポットとか弾受けとか、牽制など...味方が理解してくれるかどうかは別問題ですが。

話が脱線してすみません。これからもブログ楽しみにしています。
Posted by 774 at 2015年03月19日 04:51
Zoli-san,Hi.
同意です。
丘下での待ちは中央からも横方向からも丘上から狙撃されないように気をつかいますね。
次善策としては、北スタートだと陣地周りの岩の裏、南スタートだとスタート地点の付近
で敵の気を引くのがよさそうです。

橋はやっぱり全員陣地が安定です。
最近の掲示板でも話題になりましたが異論をはさむ人はいない感じでしたね。
と分かっていても、私はT34やKVでトップの時のみ橋に行きます。
橋をはさんだかけひきを楽しみたいからです。
この時、自分以外は全員陣地に行ってほしくスタート前にアピールしますが、
2〜3両はついてきちゃうんですよね。。(で負ける)
 ・ひたすら陣地占拠せよを押す
 ・Only I go bridge とチャット するとかでは通じないんですよね。。



Posted by harago at 2015年03月20日 12:58
おうふ自分だけ橋信者になってて恥ずかしいです・・・

ちょっとこれはプランを考え直す必要がありますね。駆逐だと川を渡らない所にある丘か、もっと奥の山間部?みたいな所にから撃つ形になるんですかね?他の人の動きを見て勉強しようと思います。
Posted by 774 at 2015年03月21日 18:29
>>774さん、haragoさん
橋方面は確かに障害物を使っての撃ちあいが出来て面白いのは面白いですよね。
たまに橋での戦いに慣れたスペシャリストみたいな人がいるので、私はトップのサポートでしか行かなくなりましたが(;´Д`)
戦闘終了後にチームのメンバーの勝率を見ますが、勝率が高い人で橋方面が好きな人もわりといますね。チームの車種や他のメンバーの動きもありますし、自分の信じたやり方でスペシャリストを目指すのも良いと思いますよ。
Posted by zoli at 2015年03月22日 19:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。