2015年01月28日

Tier10の壁


みなさんこんにちは。

ver1.6へのアップデートから少し経ちましたね。高Tierでも新しく追加されたイギリス重戦車ルートの車両をよく見かけるようになりましたし、新マップの「カスティーリャ」にも何度か遭遇しました。カスティーリャは広めのマップで主戦場が絞りづらい(今のところ)印象で、高低差もありなかなか面白いマップじゃないかと思います。

カスティーリャが追加されたことですし、マリノフカの戦術マップシリーズも近々執筆しようと思っています。ただ、もうちょっと様子をみてからになる予定です。最近マリノフカで南西レミングスに3度出会いました。一般的には風車方面を抑えるのが大事だと考えられていて、風車付近が主戦場になりやすいマップです。1人だけ風車方面に行っても仕方がないので、私も南西レミングスに付き合ったところ、3回全て勝ちました。もちろんたまたまの可能性もありますが、戦闘結果を見る限り相手もこちらもなかなかの勝率のメンバーが揃っていました。もうちょっと湖レミングスのうまくいく条件を探ってからマリノフカの戦術マップをまとめたいと思います。乞うご期待(^-^)/


さて、ここのところ重戦車と駆逐を育てていた関係で、中戦車に乗る機会があまりありませんでした。重戦車は安定して強いですし、駆逐はコツさえつかめば比較的楽にプレイできる車両です。中戦車に乗る感覚が鈍ってしまっている感じがしたので、最近☆ボーナス消化にT-62Aを加えました。T-62Aは私が唯一持ってるTier10車両です。

ブログや動画をやっているというのもあって、私はどのルートも満遍なく開発しています。ちょっと前にTier7まですべて開発が済み、今はTier8車両を中心に乗っています。Tier8はTier10ともマッチングされるので、Tier8もTier10も基本的な方針はあんまり変わらないだろうと思っていました。

ところが、実際にT-62Aに乗っているとTier10独特の壁を感じます。もちろんまだTier10での戦闘数が少ないので、経験不足というのもあるかもしれません。ですが、他の車両と同じように扱っているつもりでもあまり戦績がついてきません(。-_-。) なんでかなぁと自分でも考えてみました。


■車両スペックとマップサイズ
高Tierになるほど車両のスペックが上がるのは当然ですが、そのなかでも砲の精度と車両の大きさが重要に感じます。砲の精度は着弾分布ももちろんありますが、照準時間の向上がポイントかもしれません。他のTier帯では外れやすい動きがTier10では簡単に当てられてしまいます。また、車両も大きくなっているので、中Tierでもあまり感じませんでしたが、同じマップでもかなり手狭になっています。隠れられると思っていたら全然隠れられていなかったり、Tier10の性能はもちろんマップに対する知識ももっと深めないといけないと感じます。


■プレイヤーの平均スキル
Tier10の車両をもとうとすると、当然ながらそれなりの戦闘数をこなす必要があります。そのため、プレイヤーの平均的なスキルがやや高いように思います。私は戦闘後のリザルト画面で、プレイヤーの勝率をけっこうちゃんと見ます。中Tierあたりなら動きを見るだけでだいたいどのくらいの勝率か見当がつきます。ただ、Tier10はこれがなかなか当たりません。上手な人だなぁと思ったら48〜9%の平均的なプレイヤーだったりすることが多いですし、これは相当上手だと感じて確認すると52〜3%だったなんてことも少なくありません。Tier10ばかりをやって腕を磨いている人は見た目勝率以上にプレイヤースキルがある人が多いと思います。それもあって私なんかはTier10で勝率が伸び悩んでいる印象です。


■戦況判断
これは先ほどのプレイヤーの質の話も関係してきますが、Tier10で戦う上で戦況判断はかなりシビアにみないといけない気がします。中Tier帯なら、少し戦況が傾いたらガンガンいったほうが勝ちやすい印象があります。粘り強く戦うような作戦は我慢できずに飛び出してしまう人が出がちで、悪いわけではありませんがなかなか難しいところがあります。ただ、Tier10はプレイヤーの質も高めなことが多いため、少し戦況が傾いたぐらいで一気に攻め潰そうとしても失敗することが多い感じがします。少し有利だからといって突っ込むときっと失敗してしまうでしょう。形勢が傾いているという判断も急ぎすぎず、中Tier帯のときよりも丁寧な見方が必要かもしれません。


以上、Tier10を最近乗って感じたことをまとめました。
自分自身これからTier10で戦っていく上で考えを改めなければいけないなあと思います。これからTier10に挑まれる方の参考になれば幸いです(=゚ω゚)ノ
posted by ゾリ at 19:00| Comment(4) | 私録通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

各国の勝率


みなさん、Blitzライフは充実してますか?
12月初旬にver.1.5、Android版のリリースがありましたが、新規プレイヤーもひと段落してきたように思います。先日、ver1.6の予告とともに新マップの追加の話題がでました。「カスティーリャ」と題されたマップは、画像を見る限りはフォールズクリークっぽい感じかなぁと勝手に予想しています。

さて、今回は各国車種別の勝率を話をしたいと思います。ちょっと前にすべてのルートのTier7までを終わらせて悦にひたっていましたが、現在私はTier8までの全制覇を目標にして頑張っています。Tier9以上は車両の購入価格も上がりますし、ゆっくりペースになると思いますが、Tier8までならそれほど遠くない時期に達成できそうです。戦闘数ももうすぐ1万戦ということもあり、各国車種別に勝率を求めてみました。

下の数値は約9000戦時の私の勝率です(軽戦車除く)。


アメリカ
 中戦車:57.5%
 重戦車:61.5%
 駆逐:53.6%

ドイツ
 中戦車:52.2%
 重戦車:56.4%
 駆逐:53.8%

ソ連
 中戦車:57.1%
 重戦車:65.8%
 駆逐:66.0%

イギリス
 中戦車:59.3%


戦闘数はいろいろありますが、だいたいの傾向をみたいということで特に気にせず合算しました。育てた順番もバラバラですので、Blitzをはじめて間もないとき・慣れてきたときも全部ごちゃ混ぜになっています。勝率を求めたついでに、この結果を見て考えたことを書いていきたいと思います。

最初に最近ハマっている駆逐ルートについてです。断トツで勝率が良いのはソ連駆逐ルートです。やっぱりアメリカもドイツも個性が豊かというか、ルートを進めていく中で車両の性格がガラッと変わることがあります。それに対してソ連は、高隠蔽・高機動・高火力(・低装甲)という一貫した特徴があります。使いやすさの大部分はそういうところからきているような印象があります。

次に重戦車ルートです。重戦車ルートは他のルートに比べて各国の差が出づらい車種だと思います。ややドイツが低めになっていますが、ドイツの重戦車も使っていて非常に面白い戦車だと思います。ドイツの重戦車は、大味なソ連や取り回しの良い米国と違って性能を引き出すのに繊細な操作が必要だと感じます。勝率の差はそのあたりからきてるのではないかなと感じます。ドイツ車両は悪くはないのですが、私にとっては集中力を求められる車両です。でも、ドイツのルートをはじめるなら重戦車のルートを私はオススメしておきます。

最後に、中戦車ルートです。私はソ連車両で中戦車を覚えたので、思ったよりソ連中戦車の勝率は高くありませんでした。アメリカやイギリスと同じぐらいですね。飛び抜けて勝率が低いのはドイツとなっています。今後もう少し腕を上げたら再挑戦したいと思いますが、ドイツの中戦車は乗り味が独特だと感じます。私も今のところどうにもしっくりきません。


中戦車は乗っていて非常に楽しいのですが、連戦するにはけっこう神経をすり減らします。そのため最近、重戦車や駆逐戦車に逃げている自分がいます。とりあえずTier8まで全部制覇したら、苦手車両を再度乗りまわしてみようかなと計画しています。いろいろと経験をつんで、みなさんにカッコいいところがお見せできるように頑張っていこうと思います。
posted by ゾリ at 09:00| Comment(3) | 私録通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月28日

Do you know Sensha-Do?


ゲーム内に表示されるニュースに、映画「FURY」とアニメ「ガールズ&パンツァー」関連の話題があがりました。

「FURY」は2014年10月からアメリカで上映が始まって、本家WoTではコラボ車両がでたようですね。この映画は第二次世界大戦のヨーロッパが舞台で、みんな大好き戦車が登場します。Blitzのゲーム内では英語版のPVしかあげられていなかったので、日本語版のPVを載せておきます。

※追記
アジアサーバーにはありませんが、海外サーバーではすでに「イージーエイトFURY仕様」がでてるみたいですね(sanpoさん情報ありがとうございます)。劇中ではM4A2E4ですが、M4A3E8です。以下が詳細です。アジアサーバーにも早く欲しい\(^o^)/

fury1.jpg

fury2.jpg



公式PV



戦車を話題にしたメイキング



劇中で登場するTigerは本物を使用しているそうです( ゚∀゚)スゴイ
Blitzをプレイする前ならこんな興味がわくこともなかったでしょう。劇場公開をとっても楽しみにしています。ちなみに日本では2014年11月28日(金)から全国上映されるみたいです。

(´-`).。oO(青年のようだったブラピ。いつのまにこんなにいかつく…)


次は、「ガールズ&パンツァー」です。こちらはアニメの舞台となった茨城県大洗で2014年11月16日(日)に行なわれる「大洗あんこう祭」についてのお知らせでした。ちなみに昨年は10万人の人がこの地を訪れたそうですヽ(・∀・ )ノスゲー すでにWoTとはコラボしていて、もう見たよという方も多いと思います。
私はBlitzをはじめてから「ガルパン」を見ました。武道や茶道などのように「戦車道」というものがある世界を描いていて、少女たちが戦車にのって戦います。まだ見ていない、あなた!(´∀`)9 これが面白いんです。私も見る前はなめていましたが、結局3周くらいしました。まだ見ていない方にはぜひオススメしておきます。

ちなみに、2014年冬公開ということでガルパンの新作劇場版が作られています(ガルパンの公式Webサイト)。詳しい日程はまだ決まっていないそうですが、これも楽しみですね(*´σー`)


Blitzをプレイするのも面白いですが、戦車を扱った作品を見るのが以前よりも楽しくなりました。はじめてよかったなぁとつくづく思います。こういうのを見ると、Blitzのモチベーションもまた上がって最高ですヽ(゚∀゚)ノ
ラベル:ガルパン Fury
posted by ゾリ at 22:00| Comment(0) | 私録通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。