2014年11月06日

オススメ車両(T-34編)


Tier10はまだ到達していませんが、当初を考えると私のもっている戦車も充実してきました。戦車レビューってほど乗りこなせていませんが、久しぶりにオススメ戦車を紹介したいと思います。

今回ご紹介するのは、ソ連のTier5中戦車「T-34」です。私もそうですが、T-34に中戦車の扱い方を習ったという方も少なくないはずです( ゚∀゚)ノ けっこう思い入れもあります。

T-34_preview.png
中戦車 T-34(Tier5・ソ連)


T-34開発画面.jpg



この戦車の特徴は、「The 中戦車」と言えるようなバランスのとれた性能にあります。機動性に優れていて、キビキビ動きます。使っていて非常に楽しい戦車だと思います。しかも、装甲が斜めになっている傾斜装甲が採用されているので、ちょこまか動いていたりするとかなり弾きます。また、土壇場で「駄目だ〜」っと思ってたら跳弾しちゃうことも少なくありません。実際、戦車の歴史のなかで初めて傾斜装甲を導入したことで有名だそうで、あなどれない防御性能をもっています。

機動性と防御性能の高いこの車両ですが、組み合わせる砲も素晴らしいです。Tier5の砲が2種類用意されていて、自分のスタイル、向き不向きで選ぶことが可能です。それぞれ紹介しておきたいと思います。

  ・76mm S-54 ダメージ:120-200 貫通:82-36 発射速度:5.37発
  ・57mm ZiS-4 ダメージ:67-112 貫通:84-140 発射速度:18.68発



1つめの砲はダメージがそこそこ大きい砲です。発射速度はさほどでもないため、ヒットアンドアウェイが得意な方に向いていると思います。どちらかと言えば中距離以上向けの砲です。顔をだしては隠れ、リロード中に移動したりと嫌がらせにはもってこいの性能です。
2つめの砲はダメージは小さいですが、発射速度に優れた砲です。拡張パーツをつければ、分速20発を超えるダメージを叩きこめます。積極的に動いていき、相手にまとわりつくような戦い方が好きな人にはうってつけの砲です。相手を撹乱して、バンバン撃ちこんでいければ大戦果間違いなしです。

それぞれのスタイルや好みがあるので一概にどちらが良いかは決められません。いちおう、私は2つめの発射速度の早い砲を使っています。最初は発射速度の早さをうまくいかせませんでしたが、足の早さと相性が良いように思います。また、DPM(Damage Per Minute:1分間当たりのダメージ量)が非常に高いので、最後にタイマン勝負になったときなんかに無類の強さを発揮します。


中戦車の入門車両としては、この「T-34」とアメリカの同Tier中戦車「M4 Sherman」が良いと思います。M4も非常に使い勝手の良い車両なので、甲乙つけがたいです。攻撃力と装甲で言えばT-34、機動性と扱いやすさで言えばM4がやや優れている感じでしょうか。いろいろと試して中戦車ライフを楽しんでください(=゚ω゚)ノ
タグ:中戦車
posted by ゾリ at 21:30| Comment(0) | 戦車紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月29日

車両スペック一覧


[追記]
2014.11.3
空欄だった課金戦車のスペックを追記しました。購入の際の参考にしてください。
これは戦車コレクターteraさんのご協力によるものです。この場を借りて感謝申し上げますm(_ _)m

2014.11.4
機動性に仰俯角の値を追加しました。ハルダウンへの適性として参考にしてください。
こちらはsanpoさんがデータの補足ということで作成していただきました。ご協力感謝申し上げますm(_ _)m

2014.11.6
ver1.4の公開で、ドイツ第二重戦車ルートについては記載されていません。
後日追加予定ですので、もうしばらくお待ちください。



wotbでは現在100種類の車両が実装されています。100種類もあったら、それぞれどんな特徴があるのかを把握するのは大変です(;´Д`)

カタログスペックですが、各車両の性能一覧を作成しました。自分の乗っている戦車が他の車両よりもどこが優れているのか、あるいは欠点なのかを確認する意味でも眺めていて楽しいです。重装甲な戦車なら、その装甲を抜いてくる天敵も覚えておけばスマートな立ち回りもできると思います。

いやぁ、データをまとめるのが本当に大変でした。コツコツまとめてようやく公開できます(=゚ω゚)ノ

↓が一覧表です。

スペック一覧3.0.png



少し表の補足をしておきます。

車重は改良砲塔(重〜軽)または最終砲(駆逐)を載せたときの値で、どちらも載せた場合とは少しズレます。誤差程度なので無視しても十分だと思います。なお、旋回速度についても改良砲塔や改良履帯を搭載した値になっています。

また、砲性能については各戦車に搭載できる砲のなかでもっともTierの高いものを選んでいます。例えば、T-43のようにTier8よりもTier7の砲がよく使われている場合なんかもあって、実際の運用とズレる車両もあるかもしれません。気をつけてください。

また、基本的な値はBlitz内の表記にしたがっていますが、いくつか私が付け加えたところがあります。
ひとつめは加速性能の項目です。こちらは、「出力/重量」、いわゆる“Power to Weight Ratio”と言われる値です。1tの重量を何馬力で引っ張るのかをあらわしています。この値が大きければ大きいほど加速がよくなります。

ふたつめは隠蔽率の項目です。こちらは、本家WoTのWikiからもってきた値です。Blitzはマップが狭いためいろいろと数値は変わっている可能性が高いですが、車両間の相対的な差はおそらく変わらないと思われます。数値自体に意味があるというよりも、他の車両と比べて見つかりやすいのか見つかりづらいのかがわかります。


最後に同じデータをスプレッドシートにして公開しています。フィルタもつけられるので、もし何か調べたいことがある方は利用してください。

wotb車両スペック一覧(google docs スプレッドシート)


私はバイクでも自動車でも自転車でもなんでもカタログスペックを見るのが好きでした。こういうの大好きなんですよね(´∀`*)
タグ:一覧
posted by ゾリ at 21:00| Comment(7) | 戦車紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月23日

課金戦車(T34編)


WoT Blitzは無課金でも楽しめる本当によくできたゲームだと思います。いわゆる日本製のソシャゲが「札束でなぐりあうゲーム」と揶揄されるように、課金額の大きさがゲーム内の強さになります。もちろん、センスのあるなしもありますので、課金額のわりに弱いとか強いとかはあるでしょう。けれど、無課金プレイヤーが課金プレイヤーに勝つことは相当難しいシステムになっています。

WoT Blitzの素晴らしいところは、ゲーム内での強さが「プレイヤースキル」にほとんど依存している点です。確かに課金したほうが課金弾を底なしに使えますし、少しは優遇されています(運営によると今後課金弾は下方修正されるらしいです)。ですが、いちばん大事なのは「プレイヤースキル」です。スマホの対戦型ゲームで数少ないゲームらしいゲームといえます(´▽`)


前置きが長くなってしまいました。そんな私を楽しませてくれるBlitzに、今回なんと3400円分の課金お布施をしました。理由はというとアメリカの重戦車T34が欲しかったからです。
※ちなみにソ連とアメリカの重戦車は名前が被っているものがいくつかあります。T-34やT-28のようにハイフン「-」があるのがソ連、ないのがアメリカと覚えると覚えやすいです(=゚ω゚)ノ

T34_hvy_preview.png
T34(Tier8 アメリカ 重戦車)



動画をとるために戦車を買ったり売ったり、各国の幅広い戦車を同時に育てたりしている影響でクレジットがいっこうに貯まりません(ノД`) KV-1Sをクレジット稼ぎ戦車にしてやっていたのですが、このままではTier9以上の戦車を手に入れるのは相当先になりそうでした。そこで課金でクレジット収入をブーストすることにしました。

プレミアムアカウント30日分も一緒に購入したので、課金戦車のクレジット優遇も相まってかなり稼げるようになりました。勝つと6万〜8万、負けても4万〜5万程度のクレジットが増えます(修理・弾薬費・消耗品の差し引き後の額)。KV-1Sが5千〜1万5千だったことを考えると恐ろしいほどの効率の良さです。


T34はTier7のT29やTier8のT32と同じ系列の石頭な戦車です。T29が得意なプレイヤーの方なら問題なく乗りこなせると思います。砲の威力は非常に高く、とくに貫通力に優れています。前面装甲が厚くて有名なTier8のドイツ駆逐戦車Ferdinandをも正面から貫きます。一方でリロードと照準時間が長く、旋回速度の遅さが足かせになると思います。バージョン1.3でやや下方修正されていますが、課金戦車のなかではいまだ強い部類でしょう。

SU-100Yとどちらにしようか迷ったので、機会があればそちらも手に入れて比較してみたいと思います(=゚ω゚)ノ
タグ:課金 T34 重戦車
posted by ゾリ at 20:00| Comment(10) | 戦車紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。