2015年01月18日

実況動画シリーズ12(TigerU編)


こつこつ作成してきた実況動画が、このたび50を超えました(=゚ω゚)ノ
今回紹介する動画ではみんな大好きドイツのTigerUを使ってプレイしています。

PzVIB_Tiger_II_preview.png



ひとえに重戦車といっても各国で乗り味が違います。ドイツの重戦車は本当に繊細な操作が要求される印象があります。Blitzをはじめた当初、私は中戦車から入りました。そのあと重戦車に乗りだして、装甲のありがたさを感じました。そのときに重戦車はどちらかというと初心者向きだと感じましたが、最近いろいろと思うところがあります。上手な人の重戦車の動きを見ていると、旋回の角度や障害物の使い方など学ぶべきところが多いです。例えば車体を旋回するときでも、私なら「だいたいこのぐらいでいいだろう」と適当に旋回しているところがあります。けれど、上手な人は車両の傾け方も操作が正確で、おそらく誤差±2°の間でピタッと向きを決めます。私は大雑把なので誤差±5°ぐらいはあるんじゃないかと思います。

初心者にとって中戦車よりも重戦車のほうがきっと乗りこなすのが簡単に感じるでしょう。ただ、重戦車で勝率を伸ばしていこうと思うと、丁寧で繊細な操作が上達のカギになるんじゃないかと思います。私もまだまだですが、そのあたりを今後意識しながら戦っていきたいと思います(*´∀`)


話をTigerUに戻しましょう。TigerUは私のお気に入り戦車のひとつです。やっぱり、見た目がかっこいいですし、ドイツのそれまでの重戦車と違って装甲が頼りになります。装甲をいかすには少し工夫が必要ですが、砲の精度とあいまって中距離での撃ち合いを得意にしています。IS-3の最終砲と貫通力が同じなのが個人的には納得いきませんが、火力もそこそこです。TigerUは乗っていて非常に優秀な車両だと感じます。

ただ、マッチングの調整を疑いたくなるほど不遇な印象があります。ソ連の重戦車に乗ってると、あまり活躍しなくても勝てることがけっこうあります。一方、TigerUはある程度活躍しないとなかなか勝てません。なんじゃこりゃあ( TДT)


最後は愚痴っぽくなってしまいましたが、TigerUの実況動画をご覧あれ(=゚ω゚)ノ
これといってオススメの動画はありませんが、これからTigerUに乗ろうという方の少しは参考になると思います。特に、その1で「Armor Inspector」を使って傾ける角度について解説をしています。車体の対角線が傾けられる最大の角度の目安になりますので、一度目を通しておくと良いかもしれません。


1戦目



2戦目



3戦目



4戦目



5戦目


ラベル:TigerU 実況動画
posted by ゾリ at 10:00| Comment(15) | 実況動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月26日

実況動画シリーズ11(駆逐入門編)


耐久力をいかして戦いの中心になる重戦車、あっちこっちに顔をだして多種多様な仕事をこなす中戦車。どちらもなくてはならない車両です。一方、駆逐戦車はBlitzの狭いマップでは隠蔽率がいかしづらく、なかなかはっきりとした役割が見出しづらい車両と言われてきました。でも、そんな話は今や昔。搭乗員スキルの実装で、隠蔽率の高さが以前より大きな意味をもつようになったように思います。駆逐の時代がきた!とまでは言いませんが、以前よりも駆逐ならではの戦い方がしやすくなっています。

さて、駆逐戦車は後方からの火力支援が主な仕事です。そのため、同格の中・重戦車よりも良い砲が装備していることが多いです。ボトムTierもさほど苦にしないので、そういう意味では使っていて面白い車両です。ですが、狙撃ポイントを把握したり、序盤中盤で展開予想をしたりといちばん経験が必要な車両とも言えます。私は中戦車と重戦車をかなり乗ってから駆逐戦車を育て始めたのでそこまで感じませんでしたが、やはり初心者の方に駆逐戦車はハードルが高めです。

そこで、今回は駆逐戦車入門というテーマで実況動画を作成しました(=゚ω゚)ノ
本当はいろんなマップやスタート地点でプレイしたかったのですが、さすがに全部は紹介しきれませんでした。ですが、駆逐戦車に乗るときの立ち回り方、あるいは前に出るタイミングは参考になると思います。あくまで初心者向きの内容ですが、まだ駆逐戦車を育てていない中級者の方なら少しは参考になるかもしれません。

動画の紹介の前に補足をしておきます。
今回使っている車両はソ連のTier6駆逐戦車「SU-100」です。高火力・高機動性・高隠蔽率の3拍子揃った素晴らしい駆逐戦車です。駆逐戦車にもいろんなタイプがありますから、車両の特性で真似のできる車両とそうでない車両があります。ソ連の駆逐ルート全般、ドイツのStuGV〜JPanther、アメリカのT25ATのような高隠蔽率の車両はおおむね真似できると思います。一方、ドイツのFerdinand以降、アメリカのJackson・Wolverin、T28以降の車両には適しません。もちろんトップTierかボトムTierかでも変わりますが、前面装甲が厚い車両なら重戦車に似た運用、砲塔が回る車両なら中戦車に似た運用が良いでしょう。

SU-100_preview.png



前置きが長くなりましたが、どうぞご覧ください(=゚ω゚)ノ
「駆逐入門シリーズ」はその1からその8まであります。そのなかから記事では4つだけ紹介しておきます。興味がある方は、他の動画もぜひご覧ください。


その1



その3



その6



その8


posted by ゾリ at 23:00| Comment(7) | 実況動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月09日

実況動画シリーズ10(T20編)


実況動画を作成し始めておよそ2ヶ月が経ちました。
以前にとった動画を今見ると、「なんでこのときこうしなかったんだろう」「もっとこう動いたほうが絶対良かったなぁ」「不用意に顔をだしすぎだ」なんて思います。あとで動画を見返すと情報の見落としや状況判断の下手さに気付くこともありますが、以前の動画と比べて今はずいぶんマシになったと思います。少しずつですが、上手くなっていることを実感します。

さてさて、今回はアメリカのTier7中戦車「T20」の実況動画を紹介します。ここのところ重戦車や駆逐戦車が続いたので、久しぶりの中戦車の実況・解説です。

T20_preview.png



各国のTier7中戦車を比較すると(イギリス以外)、初心者でも比較的扱いやすいのがソ連のT-43でしょう。他のプレイヤーさんの戦績を見ても、T-43の勝率は他の車両に比べて高めです。逆に、扱いが難しいのがドイツのPantherです。エンジンを最後まで開発すればなかなかの車両になりますが、他国の中戦車とは使用感がだいぶ違うので、独特の取り回し技術が必要になります。

T20は、T-43と同じで扱いやすい中戦車です。ただ、T-43ほど機動力はありませんし、動いていたら不思議と跳弾する装甲もありません。T-43は何かと無茶がきく車両ですが、T20は長所と短所を意識してもう少し丁寧に扱う必要がありそうです。


では、T20の長所はズバリ、「俯角」と「視認範囲」です。高火力や重装甲のようなわかりやすい長所ではありませんが、これがめちゃくちゃ扱いやすいところでもあります。

「俯角」がしっかりとれる車両は地の利をいかしやすいと言えます。俯角のとれない車両だとハルダウンできないポイントから相手を狙撃することができます。また、相手が撃ちづらい位置に構えられれば、有利に撃ちあいを進められます。重戦車は重装甲で自分を守っていますが、中戦車は機動力や地の利でダメージを減らしていけば良いわけです。

「視認範囲」は普段あまり実感がわかない項目です。私は拡張パーツに「双眼鏡」「レンズ皮膜」をつけて長所を伸ばすようにしています。他のパーツと比較してというわけではありませんが、今のところなかなかの結果です。スタート地点から動いてくれないようなチームメイトにはみなさん困っていると思います。そういうプレイヤーをうまく使うのもプレイヤースキルだとすれば、敵をスポットしやすくなる「視認範囲」は強い味方です。

ここまで説明してきたように、T20の強みは少しわかりづらいと思います。ですが、実際に扱ってみるとバランスの良い性能に驚きます。私はソ連の中戦車ルートを先に進めてからT20を育て始めました。俯角のとれないソ連中戦車と比べて、砲をあちらこちらに向けられるのは快感です。マップをひと通り覚えて、中戦車の経験をある程度積んでいる方はきっと同じように感じると思います。


紹介が長くなってしまいましたが、以下がT20の実況動画です。
その3はブラックゴールドヴィルで私が使っているルートを紹介しています。また、その4は接戦の勝負となったのでオススメです。ぜひご覧ください(=゚ω゚)ノ



1戦目



2戦目



3戦目



4戦目

ラベル:実況動画 T20
posted by ゾリ at 21:00| Comment(3) | 実況動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。