2015年03月03日

戦績データの分析1(基礎的分析編)


以前にレーティング関連の話をした際に、データの分析でもしてみようかなぁなんてことを言っていたと思います。問題はプレイヤーのデータをどう集めるかでした。やはり分析に耐えるサンプル数を揃えるのはかなり大変で、どうしようかと考えていました。それがようやく叶いそうです。

前の記事に紹介しているBlitzのAPIを利用したWebサイトからデータを拝借しました(データを自分で集める技術があれば良かったのですが(+_+) 「World of Tanks BLITZ 戦績データ表示API(アジア鯖限定)」の「TOPプレイヤー」のところから合計289サンプルを得て簡単ではありますが分析をしてみました。


統計的な補足をしておくと、勝率に対して戦績の各数値がどの程度影響を与えているかという分析です。いろんなモデルがありえるのですが、サンプル数も不十分ですし探索的な分析ということでシンプルな方法(回帰分析)を用いています。

説明変数は当初、以下の10つを考えていました。

 ・平均Tier
 ・戦闘数
 ・小隊勝利率
 ・生還率
 ・撃破比
 ・ダメ比
 ・命中率
 ・平均撃破数
 ・平均与ダメ
 ・平均スポット数

何も考えずに10つ全てを説明変数につっこんだところ、いくつか有意ではない項目がでました。それは「戦闘数」「撃破比」「ダメ比」「平均撃破数」の4つです。この結果からわかることは「戦闘数」が多いからといって勝率は高くない、「撃破比」「ダメ比」「平均撃破数」を稼いでいるからといって勝率が高いわけではないということです。戦闘数についてはそんなものかということでみなさん納得されると思います。後ろ3つに関しては、疑問に思う方もいるかもしれません。撃破比やダメ比は駆逐戦車でもっとも稼ぎやすく、中戦車では稼ぎにくいのが現実です。そのため、中戦車ばかりに乗っている、あるいは駆逐戦車専門のプレイヤーがいて、全体でみると「撃破比」「ダメ比」「平均撃破数」が勝率に直結しないのだと思われます。全員が同じ車両に乗っていれば意味のある項目になるでしょうが、全体でみれば「撃破比」「ダメ比」「平均撃破数」はあまり意味のない数字と言えます。


さて、補足もこれぐらいにして本題のほうへ移りましょう。サンプルも少ないですし、偏りのあるサンプリングにはなっていますが、基礎的分析ということでご容赦ください。自分の立ち回りや勝率アップを目指す際の参考になれば幸いです。


「勝率」に対して以下の6つの項目を説明変数として重回帰分析にかけました。その結果、次のような予測式が得られました。

 勝率 = -4.532*平均Tier
     + 0.052*小隊勝利率
     + 0.267*生還率
     + 0.061*命中率
     + 0.012*平均与ダメ
     + 3.847*平均スポット数
     + 50.099



誤差はありますが、それぞれの値を代入してやるとかなりの精度で自分の勝率が予測できると思います。
※乗っている車両の国や車種が偏っていると誤差が大きくなる傾向がありそうです。

この式の解説をしておきます。最後の50.099は基準(切片)になる値で数値自体に意味はありません。問題は各項目の係数です。ただし、命中率は他の項目と比べて非常に影響が小さいので、これは参考程度で構わないでしょう。

平均Tierが1つ上がるごとに勝率は約-4.5%です。分析の特性上、他の項目が同じときに平均Tierがどのような影響を与えるかという意味になっています。与ダメや命中率はTierが上がるごとに上がっていくのが普通なので、それが同じなのであれば平均Tierの低いほうがより勝率が高い(=活躍している)ということになります。あまり難しく考えずに、WN7でも扱われていた平均Tierのペナルティみたいなもんだとお考えください。

小隊勝利率が1%上がるごとに勝率は約0.05%ほど伸びるようです。小隊を組んでいる相手を考慮していないため詳細な言及は避けますが、大まかに言えば小隊勝利率10%と0%のプレイヤーを比較すると勝率が0.5%ほど変わるという意味です。もちろん他の項目が同じ値(=同じような活躍度合い)であったとしてもの話です。小隊を組むことは他の項目と独立して勝率を上昇させる効果があると言えます。

生還率が1%上がると勝率は約0.27%ほど伸びるようです。中戦車と重戦車の乗り分けもありますし、思ったほど勝率に直接的な影響はありませんでした。もちろん生き残る粘り強さが勝利を呼び込むということには違いはありません。

平均与ダメが1上がるごとに0.012%ほど勝率が上がります。他の項目の数値が同じであったとしての話ですので、与ダメを稼げば勝率もあがるという当然と言えば当然の結果です。

平均スポット数は1上がるごとに勝率が3.847%上がります。私の実感でもありますが、上手なプレイヤーはスポットをとるのが本当にうまいです。もちろん下手な人は発見だけしてすぐにやられてしまうわけですが、彼らはスポットをとりつつもしっかり生き残って、与ダメも稼いでいきます。例えば、ある車両で平均スポット数が2のプレイヤーと2.5のプレイヤーがいるとします。与ダメや生還率など他の項目で差がなかったとしても、最終的な勝率は2%ほど差がでるようです。スポットをとることの重要さが数値にもでていると思います。


以上、限定的ではありますがBlitzの戦績データを使って簡単な分析をしてみました。どんな車両にのっているのか(車種・国など)をデータに組み込めばもう少し細かな分析もできると思いますが、サンプル数も少ないので今回はこのへんで。
タグ:戦績データ
posted by ゾリ at 22:00| Comment(4) | データを読む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦績データサイト


自分の戦績はゲーム内で確認できますが、それを人と比べたいと思ったことはありませんか?
車両ごとに勝率や平均与ダメ・撃破数・スポット数などが表示されますが、それは単に車両が強いだけなのか、自分の腕が上がってきているのかを知りたくなってきます。やはり強いと評判の車両で結果を残すことと、そうでもない車両で結果を残すことは違いますからね。

さて、今回はそんなときにオススメのWebサイトを2つ紹介します。どちらもWeb上でBlitzの戦績を確認することができます。ゲーム内で見るよりも細かな数値が表示されるので非常におもしろいです。また、人の戦績やトッププレイヤーの戦績も見れますので、自分の立ち回りを見直す際にも有用です。


1つめは、Blitzプレイヤーのcellbrockさんの作成した「World of Tanks BLITZ 戦績データ表示API(アジア鯖限定)」です。検索窓に調べたいBlitzのIDをいれると戦績が表示される仕組みです。

全体の戦績はもちろんのこと、車種ごとや国ごとの勝率、平均Tierもわかります。また、車両ごとの成績は撃破比率やダメージ比率も確認できて、自分の得手不得手がきっと見えてくることでしょう。

このサイトにはランキング機能も実装されていて、トッププレイヤーが誰なのかを調べることができます。全体ランキングの上位に入るのは難しいですが、車両別のランキングはランクインのチャンスがひらけています。自分がプレイする上でのモチベーションにするのもアリですね。


2つめは、「World of Tanks Blitz Stars」というサイトです。先ほどのサイトと同じような機能が揃っていますが、こちらはアジア鯖だけでなく、北アメリカ・ロシア・EUなど他の鯖についても調べることができます。インターフェイスの見やすさは劣りますが、アジア鯖以外でプレイしている方はこちらをご利用ください。

注目なのは車両ごとの平均を求めているところです。「Tanks Averages」から確認できますが、強い車両とそうでもない車両が一目瞭然です。開発するルートを選ぶときに参考になりますし、いまいち結果が残せないときの慰めにもうってつけです(笑)


今回は戦績データが見られる2つのWebサイトを紹介しました。
アジア鯖のプレイヤーは前者を利用していれば事足りると思います。これまでいろんな機能が追加されてきていますし、今後もっと充実した内容になっていくと思います。ぜひブックマークして自分の戦績とにらめっこしてみてください。


  World of Tanks BLITZ 戦績データ表示API(アジア鯖限定)
  World of Tanks Blitz Stars
 
  
タグ:API
posted by ゾリ at 21:00| Comment(0) | データを読む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月02日

実況動画シリーズ14(中戦車入門編)


私がWoT Blitzをはじめたとき、最初に中戦車から育て始めました(しかもドイツ…)。当初は重戦車と正面から撃ちあったり、無謀にも敵陣に特攻するような場面があり、今思えば中戦車の良さをいかした戦い方をしていませんでした。本家WoTのWikiにも中戦車の立ち回りで注意することも書かれています。ただ、「臨機応変」という言葉にまとめられていて、読んだだけではなかなか実感が得られないように思います。そこで、この「臨機応変」を私なりに噛み砕いて初心者の方向けにT-34-85を使って「中戦車入門編」なる実況動画を作成してみました。

T-34-85_preview.png


中戦車は扱いが慣れてくると本当に面白い車両です。バランス型で何でもできるので、上手い人と下手な人の差がはっきりとでると思います。私もまだまだトッププレイヤーの中戦車乗りには勝てませんが、それでも少なからず力に慣れる中戦車乗りにはなれていると思います。中戦車で苦戦している、中戦車が面白くない、中戦車で何をしたらいいの?という方は必見です。また、これから中戦車に乗ろうという方は良い予習になると思います。


簡単に動画の内容をまとめると、ポイントは2つあります。

 ・スポットをとること(とり続けること)
 ・複数の射線を用意すること


1つめができれば、味方を効率よく戦わせることができます。ソロでプレイしていると、スタート地点から動かなかったり、主戦場になりづらい場所にとっとと向かうメンバーと一緒に戦う機会が多いです。そうしたプレイヤーも敵の場所さえ伝えれば、重い腰を上げてくれる可能性も高くなります。スポットをとることはチーム全体のパフォーマンスを上げる大事な役割のひとつと言えるでしょう。

2つめは、主に重戦車のサポートの意味合いが強いです。主戦場で重戦車がにらみ合っているような場合、中戦車が相手の気を引いたり、側面・後方を脅かすことができれば、味方の重戦車はグッと戦いやすくなります。ダメージを与える必要は必ずしもなく、砲塔をこちらに向けさせるだけでもじゅうぶんです。向かい合っている味方の重戦車はリスクを負わずに顔をだして撃つことができるようになります。また、中戦車に乗りだすと、不用意に相手主力の裏や側面をとりにいったりすると思います。私もそれで何度も爆散した経験があります。ポイントは「複数の射線」であって、危険をおかしてまで真後ろや真横にまわる必要まではありません。敵から見て、斜め45度あたりでも嫌がらせとしては十分です。


上の2つのポイントさえおさえていればそんなにおかしなことにはならないと思います。あとは経験と勘で勝負というところでしょうか。基本の2点に付け加えるとするなら、あとは細かな立ち回りの部分でしょう。動画内でも少し扱っていますが、中戦車に慣れてきて中級者以上を目指す方は次の2点を意識すると良いと思います。

 ・全体の戦況を見て、加勢と撤退を決める
 ・根気強く戦う


1つめは、機動力をどういかすかということです。例えば、マップの2地点で2対3、4対4の状況が生まれているとします(味方対敵、自分を除く)。こういう場合であれば、劣勢な2対3のほうを手伝うよりも、4対4に加勢して、相手の4両を一気に片付けたほうが良いでしょう。ソロプレイだと連携がうまくとれないので、失敗することももちろんありますが、全体の戦況を見て敵を殲滅するプランをたてるのが重要です。

2つめは、もう精神論みたいなもんですが、非常に重要なところです。重戦車を使っていていちばん嫌なのが、最後にHPの低い中戦車が残っているときだと思います。タイマンでは中戦車が有利な場面も多く、翻弄されてしまいます。そのため中戦車は根気強く、粘り強く生き残ることを考えないといけません(もちろんケースバイケース)。相手と刺し違えるなんて簡単に考えずに、一旦引いて、態勢を整えて次のチャンスを待つという考えを持ちましょう。機動力は相手の後ろや横をとるためだけにあるわけではありません。敵の包囲から逃げたり、不利な状況から逃げ出すためときにも機動力がいきます。細かな説明は難しいですが、根気強さ・粘り強さは上手な中戦車乗りに必須の要素だと私は思います。


いろいろと前置きが長くなってしまいましたが、中戦車入門編どうぞお楽しみください。
その4までありますが、最初の3つを見ればだいたいのことがわかります。最後の1つはオマケと言う感じでしょうか?!


1戦目



2戦目



3戦目



4戦目
posted by ゾリ at 22:00| Comment(5) | 実況動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。