2015年01月06日

フリー経験値はどこで使う?


戦闘で手に入る経験値は、砲や砲塔などを開発したり、次の車両を開発する際に使います。基本的に経験値は車両ごとに区切られていますので、ある車両を育てようと思うとその車両に乗って経験値を稼がなければいけません。乗りだしは訓練が低く、装備するパーツも最小限ですので、けっこう大変ですよね。開発のために経験値を稼がないといけないわけですが、負けがこんだりして(`皿´)キーってことも珍しくありません。

本家と同様、Blitzにも「フリー経験値」という仕組みがあります。車両ごとに貯める経験値とは別に、どの車両でも自由に使うことのできる経験値です。ガレージの右上にオレンジ色の☆で表示されています。戦闘で手に入った経験値に対して、5%が自動的にフリー経験値として貯められていきます。また、エリート車両(全開発済みの車両。車種マークの周りの月桂樹?が目印)の経験値はゴールドを消費することで、フリー経験値に変換できます(1ゴールドで40経験値変換)。早く開発を進めたい方は利用すると良いでしょう。


さて、みなさんはフリー経験値をどこで使っていますか? 今回は、ゴールドでフリー変換を利用していない人向けの内容です。

私はやりはじめたばかりの頃、ドンドン進めたくて貯まったら容赦なく使っていました。自分で言うのもなんですが、これはやめておいたほうが良いです(;´Д`) 中Tierぐらいまでなら開発の経験値もそれほど多くありませんし、☆ボーナスをうまく消化していけば少しの苦労で済みます。これが高Tierになると、訓練の上がり方も悪くなりますし、パーツ開発の経験値もたくさん必要になってきます。そのため、ひとつ上のパーツを開発するのもけっこう大変だったりします。フリー経験値は無闇に使うよりも、使いどころを絞ったほうが良いでしょう。

私はフリー経験値を使うときの自分ルールを2つ作っています。

■フリー経験値を使うのはTier8以上の車両のみ
苦労もあると思いますが、Tier7なら100戦もすればだいたいの開発は済みます。また、戦闘後にクレジットが赤字になることもありませんので、負けてもクレジット稼ぎだと思えば腹も立ちません。ところが、Tier8からはクレジットの負担が大きくなってきます(通常アカウント時)。負けが続くと懐も寒くなってきますし、フリーの投入もやむをえません。Tier7でフリーを使うのがもったいないとまでは言いません。ただ、クレジットとの兼ね合いもあって、Tier8以上に残しておいたほうが無難かなぁと思います。

■Tier8車両は必要経験値の半分を自力で貯める
Tier10は例外を除いて最初からエリート車両なので、フリー経験値は必要ありません。ということは、いちばんフリー経験値が必要なのはひとつ下のTier9ということになります。Tier8も乗りだしのキツイ戦車はありますが、そこでたくさん使ってしまうのは少しもったいない気もします。そのため、私はTier9はフリーを惜しまず使いますが、Tier8はある程度自分で頑張ってからフリーを使います。具体的には、パーツ開発に必要な経験値のうち半分は自分で貯めることにしています。乗りだしの苦痛もいくぶんやわらぎますし、フリー経験値の負担も減らせます。


以上、私がフリー経験値を使うときの自分ルールでした。通常アカウントとプレミアムアカウントの違いもありますし、車両によって乗りだしのつらさも変わってきます。同じ国だとパーツが共通だったりするので、乗りだしの苦労は、自分の進めているルートにもよります。一概にどうこう言うのは難しいですが、みなさんもフリー経験値を使う際の自分ルールを作ると良いかもしれません(=゚ω゚)ノ
ラベル:経験値
posted by ゾリ at 23:00| Comment(2) | WoT BLITZ入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

お役立ちアプリ「Armor Inspector」


みなさんこんにちは(=゚ω゚)ノ
新年のご挨拶が遅くなってしまいましたが、あけおめことよろ!っということでよろしくお願いします。

さて、本日はWoTをプレイする上でのお役立ちアプリを紹介したいと思います。本家WoTでは有名なアプリのようですので、もうご存じの方も多いと思います。車両の特性を知る上でも暇なときに使うと、カタログを眺めて「あーだこーだ」想いを馳せる楽しみ方もできます。アプリの名前は「Armor Inspector」と言います。なお、ダウンロードのリンクは最後に紹介しますので、興味のある方はそちらからダウンロードしてみてください。

AIicon.png



さて、このアプリでどんなことができるかと言いますと、大まかには3つあります。

  1.各部分の装甲厚がわかる
  2.弱点の位置がわかる
  3.実装甲厚と砲を指定すると貫通確率がわかる



ひとつずつ見ていきましょう。

1.各部分の装甲厚がわかる
Blitz内のスペック表にも装甲厚は表示されています。ただ、装甲厚は各面でもっとも厚い部分の数値になっていて、前面100mmとあっても一律100mmというわけではありません。このアプリでは、3D表示された車両の特定部分をタップすることで、装甲厚を調べることができます。障害物をつかったり、跳弾を狙った動きをするときには自車両の弱いところがどこか把握していないといけません。私もなんとなくの場合が多いので偉そうなことは言えませんが、これを把握していればきっと効率の良い防御行動がとれるようになると思います。

AI1.jpg

「Collision Model」のところが最初は「Default Model」になっているので、一度そのアイコンをタップすればモードがかわる


AI2.jpg

あとは調べたい場所をタップすれば各装甲厚を確認できる


2.弱点の位置がわかる
自車両の装甲に関する知識を深めると被ダメージを減らすことができるでしょう。スポーツで言えば、これはディフェンス力の向上につながる情報だと思います。他方、各車両には弱点があります。搭乗員の乗っている場所や内部モジュール(エンジン、燃料タンク、弾薬庫)の位置がそれにあたります。もし、相手車両のどこを狙っても貫通できるとすれば、射線上に弱点があるほうがより効果的なはずです。駆逐スキルの「スナイパー」の影響で弱点を把握することの大事さをよく感じます。車両の弱点を知ることは、先ほどの話で言えば、オフェンス力の向上にきっとつながるのでしょう。私も最近ようやく意識し始めたので、まだまだ勉強不足です(;´∀`) このアプリでは、「internal module」や「Crew」にチェックを入れることで、3Dで位置を確認することができます。青表示される部分をタップすると詳細がみられます。

AI3.jpg

「Collision Model」で「Internal Module」にチェックを入れると内部モジュールの位置が確認できる。搭乗員の場合は「Crew」にチェック。詳細の確認は各部をタップしてから。弾薬庫(Ammo Rack)の位置は特に重要?!


3.実装甲厚と砲を指定すると貫通確率がわかる
最初に紹介した装甲厚は、あくまで性能通りの装甲板の厚さです。みなさんご存じの通り、戦いの中で重要なのは「実装甲厚」のほうです。垂直に着弾すると抜かれやすく、斜めに着弾すると跳弾しやすいというやつですね。なんとこのアプリではそれをシミュレーションすることができます。しかも、砲の選択もできるので、仮想敵車両を想定したイメトレが可能です。昼飯の角度や豚飯で側面を晒す角度を3Dで確認できます。

AI4.jpg

「Default Model」「Collision Model」の次が「Armor Penetration」のモード。ぐりぐり動かして車両の最適な傾け方を覚えよう


おそらくこのブログを見ているみなさんはWoTのWikiもご覧になっていて、いろんな情報をもっておられると思います。ただ実装甲厚や弱点を3D表示で確認できるというのは、なかなかできないことです。暇なときにぐりぐり動かして愛車を眺めてみるのも良いかもしれませんね。あくまでWoTの情報に基づいているので、Blitzとは細かなところで差があるのかもしれません。そのあたりは私も把握していませんので、各自ご確認ください。知っておられる方がいればコメントで補足いただけると幸いです。


最後に、このアプリの作成者からのメッセージがありますので紹介しておきたいと思います(メールマークをタップで見れます)。意訳すると、↓のようです。

 ・広告はつけたくないので無料でやっている
 ・現在の機能は無料のまま、低価格で機能追加を導入する予定がある
 ・装甲比較モードやHD表示モード、Blitz情報の追加を考えている

アプリを申請して登録するにしろ年間そこそこのお金がかかると聞いています。広告もなければ、完全に趣味のアプリでこのクオリティは素晴らしいと思います。機能追加の応援の意味を込めて、作成者さんは別アプリのダウンロードをお願いしています。基本無料のパズルゲームなので、もしパズル好きの方がいればそちらのほうもダウンロードしてみてください。
※私はiOSなのでAndroid版でも同じかどうかはわかりませんm(_ _)m


今回はワンランク上を目指す方にはうってつけの情報アプリを紹介しました。私もまだ勉強中なため全然ですが、興味がある方はぜひご活用ください(=゚ω゚)ノ


[iOS版]Armor Inspector for WoT
[Android版]Armor Inspector for WoT
ラベル:一覧
posted by ゾリ at 23:30| Comment(4) | WoT BLITZ入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月26日

実況動画シリーズ11(駆逐入門編)


耐久力をいかして戦いの中心になる重戦車、あっちこっちに顔をだして多種多様な仕事をこなす中戦車。どちらもなくてはならない車両です。一方、駆逐戦車はBlitzの狭いマップでは隠蔽率がいかしづらく、なかなかはっきりとした役割が見出しづらい車両と言われてきました。でも、そんな話は今や昔。搭乗員スキルの実装で、隠蔽率の高さが以前より大きな意味をもつようになったように思います。駆逐の時代がきた!とまでは言いませんが、以前よりも駆逐ならではの戦い方がしやすくなっています。

さて、駆逐戦車は後方からの火力支援が主な仕事です。そのため、同格の中・重戦車よりも良い砲が装備していることが多いです。ボトムTierもさほど苦にしないので、そういう意味では使っていて面白い車両です。ですが、狙撃ポイントを把握したり、序盤中盤で展開予想をしたりといちばん経験が必要な車両とも言えます。私は中戦車と重戦車をかなり乗ってから駆逐戦車を育て始めたのでそこまで感じませんでしたが、やはり初心者の方に駆逐戦車はハードルが高めです。

そこで、今回は駆逐戦車入門というテーマで実況動画を作成しました(=゚ω゚)ノ
本当はいろんなマップやスタート地点でプレイしたかったのですが、さすがに全部は紹介しきれませんでした。ですが、駆逐戦車に乗るときの立ち回り方、あるいは前に出るタイミングは参考になると思います。あくまで初心者向きの内容ですが、まだ駆逐戦車を育てていない中級者の方なら少しは参考になるかもしれません。

動画の紹介の前に補足をしておきます。
今回使っている車両はソ連のTier6駆逐戦車「SU-100」です。高火力・高機動性・高隠蔽率の3拍子揃った素晴らしい駆逐戦車です。駆逐戦車にもいろんなタイプがありますから、車両の特性で真似のできる車両とそうでない車両があります。ソ連の駆逐ルート全般、ドイツのStuGV〜JPanther、アメリカのT25ATのような高隠蔽率の車両はおおむね真似できると思います。一方、ドイツのFerdinand以降、アメリカのJackson・Wolverin、T28以降の車両には適しません。もちろんトップTierかボトムTierかでも変わりますが、前面装甲が厚い車両なら重戦車に似た運用、砲塔が回る車両なら中戦車に似た運用が良いでしょう。

SU-100_preview.png



前置きが長くなりましたが、どうぞご覧ください(=゚ω゚)ノ
「駆逐入門シリーズ」はその1からその8まであります。そのなかから記事では4つだけ紹介しておきます。興味がある方は、他の動画もぜひご覧ください。


その1



その3



その6



その8


posted by ゾリ at 23:00| Comment(7) | 実況動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。